« 尻痛解消シートクッション!『WILDASS(ワイルドアス)SPORT CLASSIC』 | トップページ | 【HD XL883N】名栗湖ミーティング(FBグループ) »

2016年6月16日 (木)

『WILDASS SPORT CLASSIC』のインプレ

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

先日より限界まで薄くしたシートをセローに装着しています。
1時間くらいは問題ありませんが、
2時間はキツイかな~という感じですね。
P6030010
栗原川林道~四万温泉の一泊二日ツーリングで
このシートに『WILDASS SPORT CLASSIC』を装着し、
その使用感を試してみることにしました。
Dsc05850
その効果によってはNC700Xで行く北海道ツーリングは
手持ちの「ゲルザブ+コミネメッシュシートカバー」という
オーソドックスな選択にせざるを得ないかも?
 
意識的にシートの上でお尻をグリグリすると
エアーセル間でエアーが移動しているのがわかります。
 
まずは渋川の「永井食堂」まで下道を120km移動。
時間にして2時間30分ほどです。
全く痛くないといえば嘘になりますが、
十分に我慢できる範囲です。
 
当初はここで一旦外して
林道は薄いシートで走ってみようと思っていたのですが
せっかくの機会なので装着したまま林道に入ってみます。
 
基本的にはスタンディングなんですが、
コーナーの入口で着座することがあります。
 
この時にシートから感じるダイレクト感には欠けます。
また、思った以上にカバーの表面が滑りやすいので
お尻が安定しません。
 
そういう意味ではオン/オフ問わず
お尻の位置を頻繁に変えるような
スポーツライディングには向かないですね。
 
ドッシリと腰を落ち着けて
淡々と走るようなツーリングにはいいと思います。
 
だとすると北海道ツーリングには向いているかな??
 
ただ、もうひとつ難点があります。
シートに陽があたる状態で駐車した後は、
エアーセルの中のエアが温められるのか、
かなりの長い間、お尻が熱い状態が続きます。
 
カバーの材質によるものなのか、
エアーセルの材質(ネオプレーン)によるものなのか
現時点では判っていませんがこれは不快ですね(--;
 
その点は「コミネメッシュシートカバー」が圧倒的に優れています。
雨でシートが濡れたときでも
シートとお尻が密着しないので
圧による染み込みも少ないし。
 
とりあえず「WILDASS+メッシュシートカバー」の組み合わせを
試してみようと思います。
 
それで WILDASS の利点が出ないようであれば
北海道ツーリングは実績のある
「ゲルザブ+コミネメッシュシートカバー」になりそうです。
P5290026
 
寒い時期のツーリングには WILDASS はいいかも?
安くない買い物だったので、
なんとか上手い使い方を見つけて使いたいを思います(^^;
Dsc05905
 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 尻痛解消シートクッション!『WILDASS(ワイルドアス)SPORT CLASSIC』 | トップページ | 【HD XL883N】名栗湖ミーティング(FBグループ) »

Goods」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尻痛解消シートクッション!『WILDASS(ワイルドアス)SPORT CLASSIC』 | トップページ | 【HD XL883N】名栗湖ミーティング(FBグループ) »