« 【NC700X-DCT】FM-VICSアンテナ装着! | トップページ | 【NC700X-DCT】茨城ソロツーリング »

2016年5月 1日 (日)

【セロー250+NC700X-DCT】足回りのセッティングとオイル交換

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

リアショックユニットとフォークスプリングを交換して
サグ出しをしたものの、
一般道を走行する限りでは少し硬めに感じます。
 
そして困ったのは特に1G状態での足が伸びたせいで、
サイドスタンドをかけた時の傾きがきつすぎます。
 
そこでフロントフォークの突き出し変更と、
リアショックのプリロードを抜くことにしました。
P5010004
まずはフロントからです。
インナーチューブ上端がトップブリッジとツライチでしたが、
まず10mmの突き出しにしてみます。
 
うん、もう一声って感じ。
 
次は15mmにしてみます。
 
ん?ちょっとやりすぎ?
 
結局13mmに合わせました。
P5010002
次はリアショックのプリロード抜きです。
プリロードを調整するためには
リアショックユニットを外さなければできません。
 
そういえば、昨日は瀬山さんのリアショック交換を
お手伝いした気もしますww
 
シートとサイドカバーを外して
ショック下部のリンク部分をバラせば
あとはショック上部のボルトを外すだけで
リアショックユニットは外せます。
 
前回はキャップとコレット間を41.3mmとしたのですが、
今日は40.0mmにしてみました。
P5010005
組み戻して跨ってみると
明らかに動きが良くなっています。
 
前後のバランスも悪くないと思います。
あとは乗り込んでみないと判らないですね。
 
実は作業前にNC700Xのエンジンオイルを抜き始めてました。
P5010001
セローの作業終了後にNCXの作業に取り掛かります。
 
使用するオイルはいつものNUTEC ZZ-01(5W-35)です。
 
まぁこちらは特に記録することもなく終了。
 
規定値の3.2Lでバッチリでした。
P5010006
 
その後は最近お気に入りのしゃぶ葉でしゃぶしゃぶランチ。
Img_2609_2
しばらく自宅で腹ごなしした後、
ふじみ野へ向かいます。
 
IさんのセローにETCを取り付けます。
 
一体式のETCの本体をハンドル右側の
フロントブレーキレバークランプのボルトを使って固定。
 
配線を引き回してシート下のサブハーネスに接続します。
 
ETCカードを挿入してスタンバイランプを確認。
OKです。
 
あとは実際にETCゲートを通って確認するだけです。
 
ここからはIさんのセローとオイラのセローを比べてみます。
P5010014
P5010015
やはりオイラのセローは色々とブツが付いているので
ゴテゴテ感は否めません。
 
やはり違うのは足回りです。
跨ってみるだけでリアショックの初期動作の差が顕著です。
明らかにTechnixのリアショックを装着した
オイラのセローのほうがスムーズです。
 
Iさんもリアショック交換を即決ですww
 
交換してもすぐに慣れてしまうので、
その効果は判りづらかったりしますが、
ノーマル車両と比べてみるのは有効ですね。
 
やっぱ、セローはいいなぁ(^^)
 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 【NC700X-DCT】FM-VICSアンテナ装着! | トップページ | 【NC700X-DCT】茨城ソロツーリング »

NC700X-DCT」カテゴリの記事

セロー250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【NC700X-DCT】FM-VICSアンテナ装着! | トップページ | 【NC700X-DCT】茨城ソロツーリング »