« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

【セロー250】ダウンフェンダー化(1)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

林道ツーリングではあまり気になりませんが、
最近お気に入りの利根川遊びでは
超低速〜低速でラインを選びながらの走行が多くなります。
セローの大きなフロントフェンダーでは
フロントタイヤの位置がはっきりとわからないため
苦労する面もあります。
 
そこで、セローのフロントフェンダーを
トライアル車のようにダウンフェンダー化することにしました。
 
一番簡単なのは兄弟車であるトリッカーの
フロントフェンダーを移植することなんですが、
それではあまりにも芸がないので
トリッカー乗りの瀬山さんと相談して、
このフェンダーを購入しました。
 
 
オイラのセロー用に白、
瀬山さんのトリッカー用に黒を購入しました。
Img_2262
 
ブツが届いたのでまずフィッティングしてみます。
 
セローのフェンダーは2分割構成となっていて
後ろ側のフェンダーをステー代わりに使うことで
比較的容易に装着できそうです。
Img_2265
 
問題は前側の大型フェンダーです。
ただ単に外しただけでは
ヘッドライトカウルの下部がそのまま残るので
ここをなんとかする必要があります。
 
そこで、某オクで中古フロントフェンダーを落札し、
必要最小限だけ残してカットしてみることにしました。
 
こんな感じでカットラインを決め、
大型カッターで切り離してみました。
Dsc05710
Dsc05711
 
デカールを剥がしてから仮装着。
Dsc05713_2
う〜ん、思った以上に存在感がありすぎwww
 
これはイマイチですね〜
ボツ確定です(^^;
 
次はヘッドライトカウルを加工する方向で
案を練ってみます。
 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2016年1月25日 (月)

SHOEI Z-6の内装交換

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

SHOEIのフルフェイスヘルメットの
ミドルクラス「Z」シリーズは
「Z-7」が現行モデルとなり、
オイラの周りにも愛用者がいます。
 
オイラが持っているのは「Z-6」。
一つ前のモデルです。
 
しばらく使っていなかったのですが、
久しぶりに使ってみようと引っ張り出し、
B+COMが使えるようにセットしました。
 
被ってみると眼にゴミが・・・
ん?と思いヘルメットを脱ぐと
スキンヘッドの頭の上がごま塩状態。
 
「なんじゃこりゃ~!」
Z-6の内装をチェックしてみると、
頭頂部のパッド(センターパッド)のスポンジが
劣化して粉のように落ちてきます。
外してみるとこんなになってました(--;
Img_1063
この粉が眼に入ったんですね。
 
これでは危険すぎます。
内装が交換できるモデルなので、
センターパッドを交換すればOK。
でもセンターパッドがこの状態なので、
チークパッドもそれなりに劣化しているはず。
 
ここは気分一新、内装を全て交換することにします。
 
嬉しいことに「内装セット」という
センターパッド、チークパッド、
チンストラップカバーがセットになったものが
SHOEIから発売されています。
 
早めに手に入るようにネットで探してみると
すぐにAmazonで見つかりました!
定価9,800円(税込み10,584円)が
なんと34%OFFの6,955円也~
 
これで新品同様になるなら安いものです。
 
早速注文♪
そして翌日には着弾(^^)
Img_1061
Img_1062
 
交換作業は簡単なのでパチパチッと内装を外して
元のように付けるだけ。
 
ハイ、完成です♪
Img_1064
またしばらく稼動してもらうことにします(^^)v
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2016年1月24日 (日)

【HD XL883N】ミラー取り付けの改良

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

昨日のテーパーバー取り付け直後から
ミラーの取り付け方法について考えていました。
なかなかいい方法が思い浮かびません。
ネットでいろいろなパーツを探している時に
このパーツの存在を知りました。
 
『SA−19ナポレオン 直角アダプター』
Img_1047
ミラーの取り付け角度を90度変更するアダプターです。
 
これを使えばいい感じで収まりそう。
 
深夜にAmazonで注文しておきました。
 
今週末は雪予報でしたが、朝から青空が広がってます♪
ハンドルバーを変えたこともあり、
試走に行ってみることにしました。
 
といっても近場だけ。
ハンドルバーはなかなかいい感じです。
幅が広いのですり抜けは少し気を使いますが、
操作性は良好です。
Uターンも楽になりました。
もう少し高くてもいいかもって感じです。
  Img_1038
Img_1040
ミラーは視線移動が大きいものの、
視界を遮るものがないので後ろはよく見えます。
 
彩湖のあたりをブラブラして、
「URaWA BASE」でランチ。
Img_1042
 
今日はチーズバーガーを
モッツァレラチーズ+トマトソースで注文しましたが、
かなりさっぱり系ですね。
Img_1045
個人的にはチェダーチーズ+BBQソースのほうが好みです。
 
お店でマッタリしていると
クロネコヤマトから不在連絡メールが…
 
あ、もう配達に来てくれたんだ?
 
すぐに自宅に帰って再配達で直角アダプターを受け取りました。
なんと注文から12時間足らずですよ?
さすがAmazon!
 
すぐに取り付けします。
角度を調整しながらベストポイントを探します。
 
今まで使っていた AZ−4ミラーはステーが短いので
どうやっても後ろが見えません。
以前使っていて仕舞っておいたAZミラーを引っ張り出して
合わせてみるとこれがバッチリはまりました!
Img_1049
Img_1051
通常の取り付けよりも低く、
ハンドル幅いっぱいまで外に出すことで
後方視界も良好です。
Img_1060
 
イメージしていた通りの仕上がりで満足♪
Img_1054
 
 
セパハンの時はいわゆる「カフェレーサー」っぽい
方向に仕上げていたのですが、
幅の広いハンドルに替えただけでどちらかというと
「トラッカー」っぽい方向になってきましたね(^^;
Img_1057
 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2016年1月23日 (土)

【HD XL883N】スポのプチ仕様変更♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

先日、保管してあったスポを乗り出すために
NC700Xで三芳の秘密基地に向かいました。
 
このNC700Xは元々非常に乗りやすいバイクなのですが、
更にツーリングに特化したカスタムを施しています。
 
足周りにも一通り手を入れているので
ほぼ自分好みに仕上がっています。
P1000327
現時点で唯一の不満点は
ポジション変更ために交換した
ハンドルバーの剛性が思ったよりも低く、
少したわむことが気になるくらいですね。
 
ちょっと脱線しましたが、
そのNC700Xと入れ替えでスポを乗り出しました。
 
そして最初の90度コーナーで
「ゲッ! 曲がらない!!」
ドアンダーで対向車線にはみ出す勢いでした(--;
 
NC700Xに比べるとマジで曲がりません。
倒し込みが異常に重いんですよね。
 
元々サーキットでのハイスピード走行に対応させるように
セットしていった車両なので
足周りがガチガチだったり、
セパハンだったり、ハイグリップタイヤだったりと
曲がらない要素が盛り沢山なので
仕方ないところもあるんですが・・・
 
今後、スポでサーキット走行することもなさそうなので、
一般道で乗りやすい仕様に変更することにしました。
 
ロングツーリングはNC700Xに任せるとして、
ショートツーリング程度は
対応できる仕様にしたいですね。
 
そうなるとやはりガチガチの足周りと
セパハンはやめたいです。
 
ハンドルバーは普通のハンドルに戻すのでは面白くないので
テーパーバー(ファットバー)にしてみます。
これはマウント部が1-1/8インチ(28.6mm)で
グリップ部が7/8インチ(22.2mm)と
テーパー状になっているものです。
 
オフ車ではかなりポピュラーな形状で、
最近ではMT-09など市販車でも採用されていますが、
スポに入れているのはあまり見たことがないので
人柱的にやってみるのも面白いかなと。
 
当然ながらハンドルクランプも
テーパーバーに対応した専用品を用意する必要があります。
 
オフ車用のテーパーバーはクランプ部分の幅が
200mm程度と広いものが多く、
スポのようにハンドルクランプ(ライザー)の
間隔が狭い車両にはあまり相性がよくないです。
 
ハンドル幅も800mmあたりが主流です。
 
今回はクランプ部分の幅が160mm、
ハンドル幅が800mmで、立ち上がりはかなり低め、
絞り角も緩いテーパーバーにしてみます。
 
すぐに部品を手配しました。
 
届いたハンドルバーはなかなか良さそうな感じ。
41bk0bus8l_sl1000_
ハンドルクランプは僅かにオフセットしていました。
Img_2224
Img_2225
実は注文時には判らなかったんです。
これが吉と出るか凶と出るかは
実際に車両に合わせてみないとわかりません。
 
ハンドル幅はこのままでは広すぎるので
自分に最適な幅に合わせてカットすることになると思います。
 
オイラのスポはフロントフォークの
イニシャル調整用にアジャスターを付けているので
そのアジャスターをかわすために
ハンドルクランプの下に
10mmのカラーを入れて嵩上げします。
Img_2223
 
で、昨夜。
真っ暗なコンテナガレージで
ハンドルクランプとテーハーバーを仮付け。
Dsc05661
とりあえず、干渉しないことだけ確認できたので、
今朝から組込み開始。
 
コンテナ前の青空ピットはさすがに寒いですww
 
まず、昨夜の仮付け状態を確認。
セパハンに比べると
グリップ位置が上方手前となり、
絞り角が緩く、幅が広くなるので、
操作性はかなり上がると思います。
Dsc05665_2
Dsc05664
乗りやすさだけを考えると、
もう少し高さがあるタイプがラクそうです。
 
ハンドルバーはこれがベストだとは思えないので
形状違いのものを何本か試してみたいですね。
 
それでは各パーツをセパハンから移植します。
 
ハーレーはスイッチボックスが大きいので
ハンドルバーをカットすると
どうやってもミラーマウントがストレート部分に付きそうにありません。
でも流石に800mmは広いので、
片側10mmずつカットする方向で調整していきます。
 
ミラーマウント以外はなんとか収まりそうです。
 
そうとなったら早速ハンドルバーをカット!
10mmずつカットしました。
Dsc05673
↑カット前
Dsc05674
↑カット後
 
ブレーキホースとクラッチワイヤーが
ギリギリで届きません(--;
 
取り回し変更でなんとかなりそうですが、
ブレーキホースも一旦外さないといけないので
エア抜き必須〜
あ〜めんどくせぇ・・・でもやりますよ。
 
そうしているうちに陽が差してきました。
なんか暖かいし。
上着を脱いで作業続行。
 
途中は手が汚いので画像はありませんが、
なんとか形になりました。
 
あとはミラーの取り付け。
 
スイッチボックスがテーパー部ギリギリまで来ているので
やはりテーパー部にマウントをつけるしかありません。
Img_2226
ミラーマウントをいろいろな向きで付けたり外したり。
今まで使っていたミラーで後ろが見えるように付けるには
48のようにハンドルバーの下に付けるしかありませんでした。
Dsc05688
Dsc05680
 
 
ミラーはハンドルバーの上側に付けたいので
ミラーマウントはいずれ改良したいと思います。
 
まぁこれはこれで後ろがよく見えるんですけどね(^^)
 
一応ですが仮完成!
セパハンからかなり印象が変わりました。
Dsc05678
Dsc05684
ハンドルバーのテーパーもしっかりと確認できます。
雰囲気は悪くないと思います。
Dsc05683Dsc05682
ちょっとだけ乗ってみましたが、
明らかに操作性は良くなっています(^^)
 
近日中に今組み込んでいる新井硬鉄製の
特注フォークスプリングから
かなり柔らかめのトラックテックに戻すので
現在フォークについたままのセパハンのクランプは
その時に外そうと思います。
 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2016年1月10日 (日)

【HD XL883N】2016年初乗り♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

昨年末から体調が悪く、
帰省した実家でもほぼ寝たきり生活でした。
 
例年、年末年始の帰省では太って帰ってくるのですが、
今年は食欲もなく、なんと10kg以上減量してしまいました。
「痩せた」というより「やつれた」というのが正解ですけどね。
体調が戻れば、体重もすぐに元に戻ると思いますww
 
こんな状態だったため
年始早々に行った人間ドックも結果が最悪・・・
週明けに再検査することになりました(^^;
 
肺CTで肺炎になっていないことは確認できたのですが、
気管支炎を発症していたようです。
 
体重だけでなく体力も筋力も落ちていて、
先週は足に力が入りませんでした。
膝がガクガクするので階段の上りはまだいいのですが、
下りがめっちゃ怖い。
駅の下り階段も手摺りなしでは降りられませんでした。
 
まだ咳が完全に止まらないのですが、
多少は足に力も入るようになってきたし、
呼吸も幾分ラクになったので、秘密基地に行ってみます。
 
コンテナからNC700Xで出発♪
電熱ウェアを着込んで行ったのですが、
スイッチを入れる必要がないほど暖かいです。
長袖シャツ、電熱、パーカーだけで全然寒くなかったですね。
 
秘密基地では昨年末に西袋さんに借りた
インナーバッフルの効果を確認してみます。
 
まずはチビサイレンサー。
昨年末に測定した時にはエンドバッフル付きで96.6db。
エンドバッフル無しで101.1dbでした。
 
キャタライザーの代わりにインナーバッフルを装着して測ってみます。
エンドバッフル付きで91.7db、
エンドバッフル無しで94.6dbでした。
Img_2168
Img_2167
 
かなりの効果が確認できましたが、
明らかに吹け上がりが鈍くなっています。
 
とりあえず、サイレンサーをOVERに戻してみます。
これは4350rpmでしか測定していなかったので、
2900rpmのインナーバッフル無しで組み込みます。
 
エンドバッフル無しで94.0db。
Img_2170
 
お? ギリギリでも一応基準内なので、
エンドバッフルを付ければ余裕でクリアじゃん。
 
インナーバッフルはキャタライザーと取り付け場所と
取り付け方法が同じなので共存させることが難しいです。
 
なので、キャタライザーを優先して、
消音は別の対策を考えることにします。
 
そういえば、マフラーを替えてから
一度も走っていません(^^;
秘密基地から引っ張り出し、走ってみることにします。
 
昨年末に西袋さんに連れて行ってもらった
浦和にある「URaWA BASE」に向かいます。
 
いやいや、驚くほど走りやすい。
トルク感が感じられ、パワーの出方もスムーズです。
特に3000rpmからの吹け上がりが
以前つけていたマフラーとは大違いです。
音量、音質ともに許容範囲。
ただ、サイレンサーがデカすぎてカッコ悪いwww
Img_2178
Img_2184
次はもっと小ぶりのサイレンサーで
インナーパンチング径が細いものを試してみようと思います。
 
そんなこんなで気持ちよく走りながら現着。
Img_2181
時間帯のせいなのか、ほぼ貸切状態だったので、
店長さんといろいろとお話させてもらいました。
Img_2182
美味しいハンバーガーを頂いて無事帰宅(^^)
 
久しぶりにバイクに乗りましたが、
やっぱり車に比べてストレスが少ないですね〜
Img_2173_2
 
ちなみに今日のスポには
変なデザインのSUOMYを超久しぶりに被ってみましたよww
Img_2201
 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »