« 【HD XL883N】2016年初乗り♪ | トップページ | 【HD XL883N】ミラー取り付けの改良 »

2016年1月23日 (土)

【HD XL883N】スポのプチ仕様変更♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

先日、保管してあったスポを乗り出すために
NC700Xで三芳の秘密基地に向かいました。
 
このNC700Xは元々非常に乗りやすいバイクなのですが、
更にツーリングに特化したカスタムを施しています。
 
足周りにも一通り手を入れているので
ほぼ自分好みに仕上がっています。
P1000327
現時点で唯一の不満点は
ポジション変更ために交換した
ハンドルバーの剛性が思ったよりも低く、
少したわむことが気になるくらいですね。
 
ちょっと脱線しましたが、
そのNC700Xと入れ替えでスポを乗り出しました。
 
そして最初の90度コーナーで
「ゲッ! 曲がらない!!」
ドアンダーで対向車線にはみ出す勢いでした(--;
 
NC700Xに比べるとマジで曲がりません。
倒し込みが異常に重いんですよね。
 
元々サーキットでのハイスピード走行に対応させるように
セットしていった車両なので
足周りがガチガチだったり、
セパハンだったり、ハイグリップタイヤだったりと
曲がらない要素が盛り沢山なので
仕方ないところもあるんですが・・・
 
今後、スポでサーキット走行することもなさそうなので、
一般道で乗りやすい仕様に変更することにしました。
 
ロングツーリングはNC700Xに任せるとして、
ショートツーリング程度は
対応できる仕様にしたいですね。
 
そうなるとやはりガチガチの足周りと
セパハンはやめたいです。
 
ハンドルバーは普通のハンドルに戻すのでは面白くないので
テーパーバー(ファットバー)にしてみます。
これはマウント部が1-1/8インチ(28.6mm)で
グリップ部が7/8インチ(22.2mm)と
テーパー状になっているものです。
 
オフ車ではかなりポピュラーな形状で、
最近ではMT-09など市販車でも採用されていますが、
スポに入れているのはあまり見たことがないので
人柱的にやってみるのも面白いかなと。
 
当然ながらハンドルクランプも
テーパーバーに対応した専用品を用意する必要があります。
 
オフ車用のテーパーバーはクランプ部分の幅が
200mm程度と広いものが多く、
スポのようにハンドルクランプ(ライザー)の
間隔が狭い車両にはあまり相性がよくないです。
 
ハンドル幅も800mmあたりが主流です。
 
今回はクランプ部分の幅が160mm、
ハンドル幅が800mmで、立ち上がりはかなり低め、
絞り角も緩いテーパーバーにしてみます。
 
すぐに部品を手配しました。
 
届いたハンドルバーはなかなか良さそうな感じ。
41bk0bus8l_sl1000_
ハンドルクランプは僅かにオフセットしていました。
Img_2224
Img_2225
実は注文時には判らなかったんです。
これが吉と出るか凶と出るかは
実際に車両に合わせてみないとわかりません。
 
ハンドル幅はこのままでは広すぎるので
自分に最適な幅に合わせてカットすることになると思います。
 
オイラのスポはフロントフォークの
イニシャル調整用にアジャスターを付けているので
そのアジャスターをかわすために
ハンドルクランプの下に
10mmのカラーを入れて嵩上げします。
Img_2223
 
で、昨夜。
真っ暗なコンテナガレージで
ハンドルクランプとテーハーバーを仮付け。
Dsc05661
とりあえず、干渉しないことだけ確認できたので、
今朝から組込み開始。
 
コンテナ前の青空ピットはさすがに寒いですww
 
まず、昨夜の仮付け状態を確認。
セパハンに比べると
グリップ位置が上方手前となり、
絞り角が緩く、幅が広くなるので、
操作性はかなり上がると思います。
Dsc05665_2
Dsc05664
乗りやすさだけを考えると、
もう少し高さがあるタイプがラクそうです。
 
ハンドルバーはこれがベストだとは思えないので
形状違いのものを何本か試してみたいですね。
 
それでは各パーツをセパハンから移植します。
 
ハーレーはスイッチボックスが大きいので
ハンドルバーをカットすると
どうやってもミラーマウントがストレート部分に付きそうにありません。
でも流石に800mmは広いので、
片側10mmずつカットする方向で調整していきます。
 
ミラーマウント以外はなんとか収まりそうです。
 
そうとなったら早速ハンドルバーをカット!
10mmずつカットしました。
Dsc05673
↑カット前
Dsc05674
↑カット後
 
ブレーキホースとクラッチワイヤーが
ギリギリで届きません(--;
 
取り回し変更でなんとかなりそうですが、
ブレーキホースも一旦外さないといけないので
エア抜き必須〜
あ〜めんどくせぇ・・・でもやりますよ。
 
そうしているうちに陽が差してきました。
なんか暖かいし。
上着を脱いで作業続行。
 
途中は手が汚いので画像はありませんが、
なんとか形になりました。
 
あとはミラーの取り付け。
 
スイッチボックスがテーパー部ギリギリまで来ているので
やはりテーパー部にマウントをつけるしかありません。
Img_2226
ミラーマウントをいろいろな向きで付けたり外したり。
今まで使っていたミラーで後ろが見えるように付けるには
48のようにハンドルバーの下に付けるしかありませんでした。
Dsc05688
Dsc05680
 
 
ミラーはハンドルバーの上側に付けたいので
ミラーマウントはいずれ改良したいと思います。
 
まぁこれはこれで後ろがよく見えるんですけどね(^^)
 
一応ですが仮完成!
セパハンからかなり印象が変わりました。
Dsc05678
Dsc05684
ハンドルバーのテーパーもしっかりと確認できます。
雰囲気は悪くないと思います。
Dsc05683Dsc05682
ちょっとだけ乗ってみましたが、
明らかに操作性は良くなっています(^^)
 
近日中に今組み込んでいる新井硬鉄製の
特注フォークスプリングから
かなり柔らかめのトラックテックに戻すので
現在フォークについたままのセパハンのクランプは
その時に外そうと思います。
 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 【HD XL883N】2016年初乗り♪ | トップページ | 【HD XL883N】ミラー取り付けの改良 »

HD XL883N」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【HD XL883N】2016年初乗り♪ | トップページ | 【HD XL883N】ミラー取り付けの改良 »