« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月27日 (日)

【HD XL883N】近接騒音再測定

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

オイラのスポの最高出力回転数は5800rpmなので
その75%の4350rpmで測定しましたが、
最高出力回転数が5000rpmを超える場合は
その50%でいいようなので、
2900rpmで改めて測定してみました。
 
まずエンドバッフル付き。
前回は近接騒音で103.0dbでしたが、
今回は96.6db。
Dsc05648
 
それでも全然ダメですが、
対策次第で大丈夫そうな希望を持てる数値です。
 
一応、エンドバッフルを外した値も計測します。
前回は近接騒音で108.5db、
今回は101.1dbでした。
Dsc05652
 
計測中にエンドから覗き込むと
キャタライザーが真っ赤に焼けてなんかカッコイイ!
Dsc05653
Dsc05654
 
とりあえずインナーバッフルによる消音を検討します。
 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2015年12月26日 (土)

【HD XL883N】マフラーステー交換

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

OVERのフルエキのマフラーステーが
仰々しいわりにサイレンサーバンドを
下から支えているだけという代物なので、
交換することにしました。
 
吊り下げ式にしたいので、
右リアショックの上部取り付けボルトと
サイレンサーバンドのボルト位置の
位置関係を測定します。
 
本来ならマフラーステーを
ワンオフすればバッチリなんですが、
市販品の中から探してみることにします。
 
見つけたのは「南海部品」の
「汎用アルミマフラーステー」シリーズ。
穴位置の距離も25mm間隔で7種類、
オフセット量も25mm間隔で3種類あるので、
ジャストフィットとはいかなくとも
それなりの位置には収まるように思います。
 
オイラのスポの場合、
このステーが適合しそうです。
MSTL175FR-50
汎用サイレンサーのスプリングフックの位置が
OVERサイレンサーよりも近かったので、
短めのマフラースプリングも注文。
 
注文して数日でブツが届きました。
Dsc05641
Dsc05644
 
まず、仮付けしてみます。
ステーの上部は右リアショックの上側ボルトと
共締めすることになります。
このトルクスボルトは1/2インチ(約12.7mm)なので
ステーの穴(11mm)を拡大する必要があります。
 
サンメカレベルではこんなサイズのドリル刃なんて
持っていないのが普通だと思います。
かといって、このためだけに買うのはちょっと悔しい。
材質がアルミということもあり、
電動ドリルに手持ちの軸付き砥石をセットし、
穴を拡大してみました。
 
地味に成功www
 
右リアショックの上側ボルトを外すために
ジャッキアップします。
ボルトに負荷がかからない位置でボルトを外し
アルミマフラーステーを入れて仮固定します。
 
 
とりあえず100×340の汎用サイレンサーを付けてみます。
このサイレンサーで採寸したのでバッチリでした!
 
まぁ当然といえば当然ですね。
 
 
仮付けで問題がないことを確認できたので
OVERのフルエキに標準装備されている
スチール製のステーを取り外します。
 
ミドルパイプまでを外して、
右側ステップを外せば
ステーを取り外すことができます。
 
取り外してみるとやはり「重い」です。
 
ステップとマフラーを組み上げ、
サイレンサーバンド側も固定して
位置関係を決定してから本締め。
Dsc05650
Dsc05651
Dsc05649
随分スッキリしました(^^)
 
振動によるクラックなどの可能性もあるので
しばらくは注意していきたいと思います。
 
これで見た目はほぼ完了。
残るはインナーバッフルの検討ですね。
 
朝の6時から三芳の秘密基地に篭って
こんなことをやってるなんて我ながらバカっぽいなぁwww
 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2015年12月19日 (土)

【HD XL883N】汎用サイレンサー届きました

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

まだまだスポのマフラーネタが続きますwww
 
OVERのフルエキには
巨大なチタンサイレンサーが付いています。
 
正直、スポには大きすぎると思います。
 
お遊びでこんなサイレンサーを買ってみました。
外径100mm、長さ340mmの汎用ステンサイレンサーです。
Dsc05631
Dsc05632
 
いわゆる小型サイレンサーですが、
外径90mm、長さ300mmといったサイズも
普通に出回っているので、
「最小」というわけではありません。
 
差込径が60.5なので外径があまり細すぎるものよりも
ある程度太さがあったほうが良いような気がしたのと、
これまでの経験からスポの車格には
なんとなくこれ位かな?という経験則で選びました。
 
インナーパンチングも50.8と太目なので、
ほとんど消音効果は期待できないと思います(^^;
 
とはいえ、爆音はイヤなので、
インナーバッフルによる消音は考えていますよ。
 
静かで気持ちよく回ってくれれば最高なんですけどね~
 
少なくともこのサイレンサーには
それを期待するだけ無駄ですが(爆)
 
音量測定を始める前に「近接排気騒音」の測定条件を。
 
************************
車両・測定マフラーとも十分に暖気した後、
停車状態でニュートラル位置にて最高出力回転数の75%の
回転数までエンジンを回した状態を
一定時間(一般的に5秒以上)保持し、
急激にアクセルを離したときの最大音量値を測定。
(誤記修正)
最高出力の発生回転数が5,000rpm以下の車輌は75%、
5,000rpm超の車輌の場合は50%の回転数で測定するそうです。
 
音量を測定するマイクロフォンはマフラー端から
45度後方の同じ高さで距離50cmに設置して測定します。
 
・場所は屋外の出来るだけ周囲からの反射音の影響を受けない平坦舗装路
・天候は路面が乾燥している状態を保てる風速5メートル以下の条件
************************
秘密基地内での測定なので測定条件には合致していませんが、
室内なので測定値が大きめに出ることを考慮して測定します。
 
三脚も何個か持っているのに
持っていくのを忘れるというグダグダ(^^;
結局騒音計は積み重ねたダンボールの上に置くことにしました。
 
ちなみにオイラの2009年式883Nの場合、
平成13年騒音規制車なので、近接排気騒音規制値は94dB。
最高出力回転数は5800rpmなので
その75%の4350rpmで測定します。
(追記)
オイラのスポの場合、5,800rpmの50%なので
2,900rpmでいいようです。
 
まずはOVERのサイレンサーのままで音量測定してみます。
P1110008
P1100993
アイドリングでは81.4dB、
近接騒音で103.6dbでした。
全然ダメじゃんwww
 
まぁインナーバッフルはもちろん、
エンドバッフルも付いていない状態なので
こんなものなのかな?
 
次は汎用サイレンサーに差し替えて測定してみます。
外したサイレンサーを比較してみると
こんなにサイズが違います。
P1100997
 
まずはエンドバッフル付きで。
 
見た目はこちらの方が小ぶりでいいですね。
P1110001
車体とのバランスも悪くないかな?
 
エンジンを掛けてみると
エンドバッフル特有のペコペコ音(^^;
P1110006
P1100998
アイドリングでは82.2dB、
近接騒音で103.0dbでした。
測定値はバッフル無しのOVERとほぼ同じですが、
音質的にはOVERの圧勝です。
 
次はエンドバッフルを外してみます。
P1110002
予想通りの爆音<(TT)>
P1110005
P1110004
アイドリングでは85.8dB、
近接騒音で108.5dbでした。
 
そもそもエンドバッフルって音も悪いし、
カッコ良くないですよね。
 
真剣にインナーバッフルを考えるかな?
 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2015年12月17日 (木)

【HD XL883N】キャタライザー届きました♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

先日スポに装着したOVERのフルエキに仕込む
キャタライザーが届きました。
注文先は大阪の「アウテックス」
 
エキパイの最後端に仕込むタイプのものです。
100セルと300セルがあったのですが、
より排ガス浄化効果の高い300セルを選択しました。
Dsc05626
Dsc05639
 
キャタライザーってなに?って人はこちらをどうぞ
 
蛍光灯をバックに透かしてみると
かなり目が詰まっていることがわかります。
Dsc05628
もちろん、セル数が多いほうが排気抵抗になるので、
パワーを追い求めるには不向きですが、
正直、パワーには何の不満もないので問題なしです(^^)v
 
サイレンサーを外して、
エキパイ側に差し込むだけなので簡単ですね。
 
スポが手元にないので簡単なんだけどできない。
もどかしいですね(^^;

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2015年12月16日 (水)

【HD XL883N】騒音計

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

スポのマフラーを弄るのに
やはり客観的なデータとして音量測定は必須です。
 
これまではスマホのアプリを使っていたのですが、
やはり使い勝手やデータの信頼性を考えると
専用品が好ましいですよね。
 
そこで、騒音計(音量計)を購入しました。
Dsc05633
リアルタイムの音量測定だけでなく、
ピークホールド機能もあります。
Dsc05634
液晶のバックライトも着くし、
本体裏側に三脚を取り付けられるネジ穴もあるので、
マフラーの音量を測定する程度の
オイラの用途では十分です。
Dsc05635
 
こんなのが牛丼5杯分より安く買えるなんて、
いい世の中になったものです(^^)
 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2015年12月14日 (月)

【HD XL883N】マフラー交換

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

スポは来年3月に車検が切れます。
車検で一番のネックとなるのは
排気系のガス検と排気音量。
 
要はマフラーが問題なんです。
 
これまではノーマルマフラーに交換して
車検を通していましたが、
今はバックステップを装着していることもあり、
ノーマルマフラーに戻すためには
バックステップ交換に伴い移設している
リアブレーキマスターの再移設など、
地味に作業量があったりします。
 
色々と調べているとキャタライザー内臓の
マフラーを装着している年式については
マフラーを交換した時点でアウト。
社外マフラーの場合はガス検の成績書がないとダメらしい。
実際に交換していることが分かった時点で
計測すらしてくれないという検査場も多いとか。
 
ただ、理想はできるだけ作業量を少なく、
というよりは車検の通る形で
普段から乗れれば一番いいんです。
 
最悪はノーマルマフラーで車検を受ければいいので、
とりあえずチャレンジしてみたいと思います。
 
ところが、トランプのチタンマフラーに
ガス検を通すためのキャタライザーを仕込んだり、
音量対策しようと思っても
2in1部からサイレンサーまでが一体構造なので
なかなか難しいんです。
 
そこで、某オクでOVERのマフラーを見つけたので
これに交換してみることにしました。
 
競り合うことなく無事落札♪
600x45051
もちろん中古品なので、
ステンのエキパイは真っ黒に焼けていたりしますが、
大きな目立つ傷もなくまぁ良品の部類でしょう。
600x45058
リアバンク側に付いているヒートガード。
Dsc05616
外してみるとしっかりと固定バンドの跡が残ってます(^^;
 
Dsc05617
 
早速、秘密基地に持ち込んで交換してます。
 
フランジはノーマルマフラーのものを流用するので、
仕舞ってあったノーマルマフラーを引っ張り出して
フランジを取り外します。
Dsc05615
Dsc05618
トランプのマフラーを外し、
OVERを仮組みしてみます。
Img_2070
Img_2071
一番心配していたO2センサーの角度も
全く問題なく装着できました。
 
ちなみにエキパイ外径は45mm、
サイレンサーの差込径は60.5mmでした。
 
60.5は汎用的なサイズなので、
色々なサイレンサーで遊ぶこともできそうです(^^)
 
エンジンを掛けてみると、
キャタライザーはもちろん、
インナーバッフルもエンドバッフルも付いていないので
大きなサイレンサーですがなかなかの音量です(^^;
 
無事装着できることが確認できたので、
もう一度バラします。
Img_2072
 
エキパイ、ミドルパイプがあまりにも汚いので、
バフ掛けすることにします。
 
焼けの酷いところは
ディスクグラインダーにフェルトバフを装着し、
白棒(中仕上げ用)を付けて磨きます。
 
なかなか焼けが取れませんが、
ここは焦らずにじっくりと取り組みます。
 
ほぼ焼けが取れた時点で、
フェルトバフを新品に交換し、
青棒(鏡面仕上げ用)で仕上げていきます。
 
鏡面仕上げはどこまでやっても終わりがない感じ。
気になりはじめるとあらゆるところが気になります。
 
どうせすぐに焼けて黒くなるので、
程々のところで止めましたww
 
それでも3時間くらいはせっせとバフりましたね。
 
翌日~翌々日の右手の筋肉痛は確定です(爆)
 
きれいになったマフラーをもう一度組み付けます。
Dsc05622
Dsc05623
焼けムラができないように
最後にパーツクリーナーで脂分をふき取ってひとまず完成!
Dsc05624
この後はキャタライザーの装着、
排気音量の測定とバッフルによる消音、
などがメニューですね。
あと、このマフラーステーもなんとかしたいです。
600x45060
仰々しいスチール製のステーが支えているのは
マフラーバンド部分のみ。
しかも下から支えているので色々心許ないです。
 
これならアルミステーで上から吊るすほうが
軽量化にもなるので遥かにいいと思います。
 
完成まではまだまだ手がかかりそうです(^^;
 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

2015年12月 7日 (月)

【NC700X-DCT】ホンダレーシング・サンクスデー

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

★☆★今回はいくつか動画をアップしています!★☆★
 
12/6(日)に「ツインリンクもてぎ」で開催された
『ホンダレーシング・サンクスデー』。
ギリギリまで行けるかどうかわからなかったのですが、
なんとか行けそうになったので、
前日にローソンに駆け込み、Loppiでチケットを購入。
 
前売りは入場券2,000円、
2輪駐車券500円(いずれも発券手数料除く)でした。
 
ホンダのイベントに行くとなれば
やはりホンダのバイクで行くべきでしょう!
 
ということで、前日に三芳まで行って
保管してあったNC700Xをスポと入れ替えました。
 
スポはこのまま三芳に保管し、
来年3月の車検に向けて整備に入る予定です。
 
整備内容はマフラーのノーマル戻しと
それに伴うバックステップのノーマル戻し、
後はブレーキ等の点検整備で
車検はクリアできると思います。
 
そのNCXで朝4:50にガレージを出発!
出発前にメーターをパチリ。
Img_2023
周りは真っ暗ですwww
 
R4経由の下道でツインリンクもてぎを目指します。
 
R4バイパスは信号が少なく、
まるで高速道路かと錯覚するような流れのよさです。
 
オイラの装備は、
上はユニクロ・ヒートテック極暖九分袖に
ヒーテック電熱ジャケット、
ユニクロ・ウルトラライトダウン、
コロンビア・パーカーというレイヤード。
これくらいなら着膨れすることもありません。
まぁ中身が脂肪で膨れてますけどね(爆)
 
下はユニクロ・ヒートテック極暖タイツ、
普通のジーンズの上に先日買った
ゴールドウィンのオーバーパンツ。
 
グローブはグリップヒーター用と謳われている
薄手のグローブにしました。
 
日の出前のR4を走っていても
電熱ウェアは3段階の弱、
グリップヒーターは3段階の中で
全く寒さを感じません。
 
ところが、真岡に入った辺りから
急激に寒くなりました。
 
道端の田畑には霜が降りて真っ白だしww
 
それでも電熱ウェアを3段階の中、
グリップヒーターは3段階の強にすることで
苦もなく切り抜けられました。
 
電熱ウェア+グリップヒーター様様ですね!
 
6:40にツインリンクもてぎの最寄のコンビニに到着。
下道でも2時間弱で来ることができました。
 
朝飯用のパスタとつまみ食い用のおにぎりを買って
ツインリンクもてぎの南ゲートから入ります。
 
中央エントランスに一番近い2輪駐車エリアの
奥から2番目に駐輪成功!
 
横には大行列が出来ていました。
P1040757
何の列かを訊くとGTマシンの同乗体験の抽選だとか。
そちらにはあまり興味がないので
入場ゲートの列に並びました。
Img_2026
ゲートオープンは7:30。
結構な人数が並んでいましたが、
ゲートオープンから程なく会場内に入ることが出来ました。
 
すぐに「プレミアム抽選会」に向かいます。
P1040760
ただ、抽選券をゲットするためには
メールマガジンに登録する必要があります。
 
まず、メルマガ登録して抽選券をもらうための列に並びます。
ここで約15分、無事抽選券をゲットです(^^)
P1040759
その後、抽選会の列に並んでこちらで約20分、
やっと抽選箱にたどり着きました。
P1040762
抽選券を渡して抽選箱の中を弄ります。
 
取り出した1枚のカードは・・・
「マクラーレン・ホンダ賞」が当りました!
福引きでよくあるようにカランカランと当選のカネを鳴らされ、
賞品を受け取ります。
Img_2027
なんと、マクラーレン・ホンダのドライバー、
フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンの
直筆サインが入ったTシャツでした!
 
これだけでチケット代の元が取れました!
 
休憩所でコンビニで買ったパスタを食べます。
せっかく暖めてもらったのにすっかり冷めてましたけどww
 
その後、パドックに移動して
展示してあるGTマシンやフォーミュラマシンを見て周ります。
P1040816
P1040807
P1040808
P1040820
 
P1040797
P1040799
P1040800
P1040788
P1040819
 
P1040818
 
P1040790
P1040812
 
そうしているうちに
瀬山さんと笹本くんから到着連絡が入りました。
 
パドックで合流成功!
 
3人で一緒に見て回ります。
 
エイ出版のブースで「BikeJIN/培倶人」印の
てるてる坊主を発見。
通常1000円のところ半額の500円だったので購入決定!
ついでに「BikeJIN」キーホルダー(300円)も
シンプルなデザインが気に入ったので買いました。
P1050076
 
グランドスタンドプラザの特設会場で行われる
トライアルのデモンストレーションを観に行きます。
 
REPSOLのレギュラーライダーが
9年連続世界チャンピオンのトニー・ボウ、
来年の日本ラウンドで300戦目を迎えるという藤波貴久、
期待の新人ハイメ・ブストの3人、
そして3年連続全日本チャンピオンの小川友幸の
計4人が世界戦では見せない技を見せてくれます。
 
P1040864
↑左からブスト、藤波、ボウ、小川
大いに盛り上がってきたところで
スペシャルゲストのゴールデンボンバーが登場。
金爆へのインタビューが想像以上に長く
暖まっていた会場はシラケ気味に(^^;
 
でもここからが凄かった!
トライアルマシンを手足のように(手足以上に?)操り、
金爆を恐怖のどん底にwww
 
その一部を動画でどうぞ
(可能であれば音声も一緒に♪)
 
金爆が退場してからも4人はやりたい放題ですww
 
やっぱりボウは凄い!
フジガスも気合で喰らい付きますが、
やはり安定感はボウが一枚も二枚も上手ですね!
 
その後は同じ会場を使って
自転車トライアルのパフォーマンスショー。
シルク・ドゥ・ソレイユでも演じていたという
元世界チャンピオンの有薗啓剛が凄技を見せてくれます。
 
確かに凄いんですが、
その前の4人が凄すぎて(^^;
順番が逆だったほうが盛り上がった気がします。
 
次は「ハローウッズ」に移動します。
ここは世界戦も行われたセクションで、
一応コーステープは張られていたものの、
REPSOLの3人はノリノリで縦横無尽に走りまくり!
 
みんな負けず嫌いのようで、
誰かがトライしたところは必ず真似て走ります。
 
サポートに徹した小川選手も驚く走りを連発!
 
もう凄いの一言。
P1050040
↑左から藤波、ボウ、ブスト
 
2016年の世界戦は4/23~24に
もてぎで開催されるので、
来年も観戦に行こうと思います(^^)
P1050063
 
ちなみに2015年のトライアル世界戦の観戦記はこちら
 
二人が焼そばを買うために屋台の行列に並んでいる間に
オイラはおにぎりを食べながら
グランドスタンドで「N-ONE OWNER'S CUP」を観戦。
P1050057
P1050059
 
その後、コース上ではホンダ契約ライダー、
契約ドライバー、チーム監督などが紹介されセレモニーが行われました。
P1050069
 
セレモニーの後はS660のオーナーズパレード。
壮観というか、異様というか・・・
P1050071
P1050072
 
もう十分に堪能したので、
一足早く帰路につくことにしました。
 
オイラは来た時と同様に下道で帰ることに。
二人は東北道経由で帰るとのことで途中で別れました。
 
真岡市内を抜けた先で
別れたはずの二人と偶然の再会www
 
どうやらガソリン補給のためにGSを探していたとのこと。
 
結局GSがあったのはR4バイパスの手前だったので、
そのままR4で帰ることになりました。
 
せっかくなので古河の「Roy's Cafe」に寄ることにしました。
 
オイラは「ビッグチキンバーガー」を注文。
Img_2062
悪くない味でした。
 
1時間ほどの滞在で、帰ることにしました。
 
春日部辺りから徐々に車が多くなりはじめ、
越谷に入る頃にはガッツリ渋滞に(T_T)
 
それでもなんとか渋滞を抜けて無事帰宅しました。
 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »