« 【NC700X-DCT】佐渡島ソロツーリング2015(3) | トップページ | 【KTM DUKE200】奥多摩お散歩ツーリング(1) »

2015年9月30日 (水)

【NC700X-DCT】佐渡島ソロツーリング2015(4)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
北沢浮遊選鉱場跡を堪能した後は、
尖閣湾を左手に望みながら
佐渡島の北西側の海岸線を北上します。
P1000724
P1000728
 
海岸線を走っていると、
右手に祠(ほこら)を見つけたので立ち寄ってみます。
 
『岩谷山(いわやさん)』です。
「弘法大師の投筆」とサブタイトルがありますね。
P1000730
案内板によると、
この手前側の洞窟の奥に「竜眼の池」があるらしいです。
P1000731
P1000732
入ってみましたが、
あまりにも真っ暗なため数メートルで断念しました。
P1000733
写真では明るく写っていますが真っ暗ですよww
 
30mほど先にもう一つの洞窟があります。
P1000735
この祠の裏の洞窟が前日に訪れた
佐渡島南端の宿根木の洞窟まで
続いているという伝説があるそうです。
 
佐渡島の北端が近づいてくると、
『大野亀(おおのがめ)』が視界に入ってきます。
P1000742
この「大野亀」は「日本三大巨石」の一つに数えられており、
標高が167mあるらしいのですが、
これが一枚岩だといわれてもにわかに信じがたいです。
P1000743
P1000749
P1000751
遊歩道は矢印の場所で崩落があり、
途中から通行禁止となっています。
P1000753
P1000755
P1000756
 
大野亀からさらに北側に向かうと
『二ツ亀(ふたつがめ)』があります。
 
「SADO二ツ亀ビューホテル」の裏側にキャンプ場があり、
そこから海水浴場に降りることができます。
P1000759
大野亀方面から見るとポコッポコッと
しっかり「二ツ亀」に見えていましたが、
こちらからだと残念ながら「二ツ亀」には見えません。
P1000762
海水浴場はシーズンオフのためか、
ゴミが漂着していてすこし残念な感じでした。
 
「はじき野フィールドパーク」の中を通って
佐渡最北端にある『弾崎(はじきさき)灯台』へ。
P1000768
1957年に公開された映画
『喜びも悲しみも幾年月』の舞台になった灯台だそうで、
映画を記念した銅像が建っていて、
近づくと映画のテーマソングが
自動的に流れ出す仕掛けになっています。
P1000767
 
ここから海岸線を一気に南下し、
両津市街に向かいます。
走りやすい道ですが、
所々狭いところがあるので要注意です。
 
フェリーの時間にはまだ余裕があるので
『トキの森公園』に向かいます。
P1000782
P1000802
想像していたより立派な施設でした。
園内の「トキふれあいプラザ」内では
6羽のトキを確認できました。
P1000785
P1000793
P1000798
P1000789
"ふれあい"といいながらも、
実際にトキに触れ合えるわけではありませんww
運がよければ観察通路のすぐそばまで
トキが寄ってくることがあるそうですが、
残念ながら遠巻きに観るだけでした。
 
「トキ資料展示館」では
トキの剥製や骨格標本などが展示されています。
P1000809
P1000814
P1000815
P1000822
 
隣接する「佐渡トキ保護センター」のケージが覗き見できます。
こちらには多くのトキがいました。
P1000828
P1000825
 
なお、この日は午前中にトキの放鳥があったらしく、
19羽のトキがケージから放たれたそうです。
今回が13回目の放鳥だったらしいのですが、
2008年の放鳥開始以来、215羽がここから飛び立ったそうです。
 
佐渡島で唯一のステッカーはここでGET!
デザイン的にはイマイチですが・・・
P1000835
 
時間は15:00過ぎ。
16:05のフェリーに乗るために両津港に向かいます。
 
乗り込むバイクは全部で3台でした。
P1000846
P1000845
待っている間に佐渡の観光協会の方かな?
アンケートに協力してほしいとのことで、
佐渡の観光に関するありきたりなアンケートの後、
いろいろとお話しました。
 
観光客がピーク時に比べ半減しているとのこと、
佐渡金山の世界遺産登録活動に関する裏話など、
いい時間つぶしになりましたww
 
結局、朝ホテルを出るときから
ずっとカッパを着たままでしたが、
佐渡内では全く雨に降られることはありませんでした。
 
フェリーに乗り込んで2時間半、
18:30には新潟港に到着。
 
新潟市を抜ける頃に雨が降り始めました。
 
雨の中走っていて、ふと気付きました。
そういえば今日は金曜日、そう、平日です。
このまま帰ると22:00頃にはICを出ることになり、
休日割引も深夜割引も適用されません。
その場合、ETC料金だと5,220円もかかってしまいます。
 
三芳スマートICを24:00以降に出れば
深夜割引が適用されて3,650円、
1,570円も節約できます。
これだけあれば余裕で晩飯代になりますよww
 
急いで帰る必要も無いので、
巡航速度を上限90km/hまで落として
左側斜線をのんびり走ります。
それでも22:00過ぎには高坂SAに到着。
Img_1579
Img_1580
 
SA内の「らあめん花月 嵐」で
佐渡帰りだけに"黄金の味噌ラーメン"を大盛りで注文ww
Img_1582
この"黄金の味噌ラーメン"は初めて食べましたが、
結構好きな味でした♪
 
その後、ゆっくり時間を潰して
三芳スマートICを0:10に出ました。
 
三芳でNCXからアドレスV125に乗り換えて自宅へ。
 
この三芳から自宅の間が
一番強く雨に降られたのはココだけの話ですww
 
SW明け直後の平日だったということもあり、
ほとんどの施設が貸切に近い状態だったのは
かなりラッキーでした。
これで日本海に沈む夕日を観られていれば
完璧だったかもしれません。
 
高速代、ガソリン代、フェリー代、宿泊費、
食費、施設利用費など全て合わせても
4万円でお釣りがくるくらいでした。
 
フェリーを使うことで
通常のツーリングより"旅をしてる"という感覚は上です。
 
新潟までのアクセスも夜間/深夜帯に走れば渋滞もないし、
佐渡島に渡ってからの走行距離も
海岸線をメインに島内をぐるりと一周、
チョコチョコと寄り道をしながらでも
300km程度なのでちょうど良い距離です。
 
路面状態は良好で、道幅も広く、
信号も少ないので走りやすいです。
どことなく北海道っぽい感じもありますね。
 
関東から一泊~二泊程度のツーリング先としては
魅力的な場所だと思います。
P1000840
二年前と今回の二回のツーリングで
佐渡島内のメジャーな観光スポットは
大体網羅できたと思いますが
まだまだ行ってみたい所はあるので、
機会を見つけて行きたいと思います。
 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 【NC700X-DCT】佐渡島ソロツーリング2015(3) | トップページ | 【KTM DUKE200】奥多摩お散歩ツーリング(1) »

NC700X-DCT」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【NC700X-DCT】佐渡島ソロツーリング2015(3) | トップページ | 【KTM DUKE200】奥多摩お散歩ツーリング(1) »