« 【NC700X-DCT】佐渡島ソロツーリング2015(2) | トップページ | 【NC700X-DCT】佐渡島ソロツーリング2015(4) »

2015年9月29日 (火)

【NC700X-DCT】佐渡島ソロツーリング2015(3)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

 
さて、二日目です。
朝食前に散歩に行きます。
 
ホテルの前は『春日崎(かすがざき)』という景勝地です。
ここも夕日の名所のようですね。
Img_1533
P1000465
 
ホテルに戻って朝食。
ビュッフェスタイルなのでガッツリ頂きます。
Img_1537
Img_1538
 
昨夜は雨が降っていましたが、
とりあえず止んでいます。
でも雲は低く、天気予報も雨予報なのでカッパを着込んで走り出します。
P1000454
 
前日に行きそびれた『史跡・佐渡金山』へ。
まずは「道遊坑(どうゆうこう)コース」から。
P1000477
実際に使われていた坑道や設備、
工作機械などが展示されています。
P1000481
P1000485
P1000494
P1000498
P1000506
P1000517
P1000521
P1000544
P1000548
P1000566
 
P1000580
P1000581
坑道内は11度。快適です。
公開されている坑道は数百メートルですが、 
開山から閉山まで388年、
その間に掘られた坑道の総延長は400kmに及ぶそうです。
産出量は金78トン、銀2330トンだったそうです。
P1000567
佐渡金山のシンボル「道遊の割戸(どうゆうのわれと)」は
地表に露出した主要鉱脈をタガネと槌で掘り割った跡だそうです。
割戸の幅は30m、深さは74mに達するそうです。
P1000585
 
次に「宗太夫抗(そうだゆうこう)コース」へ。
こちらは江戸初期の採掘作業の様子を人形で再現したもので
30分ほどで周れるので観光客に人気のコースですが、
他の観光客と一緒になることなく見て回れました。
P1000612
P1000620
P1000629
P1000640
P1000656
 
次は今回のツーリングで最も楽しみにしていた
 ↑↑このgoogleのインドアビューは必見ですよ!↑↑
 
掘り出した鉱石の中から金銀を抽出する施設の跡地です。
観光ガイドなどにもあまり紹介されていない穴場です。
オイラも二年前には知らなかったのでスルーしちゃいました。
 
場所は佐渡金山から坂を下ってきた先にある
「佐渡奉行所」の斜め前の谷側にあります。
この道も通っているのに気付きませんでした。
P1000677
廃墟感がハンパないです。
まさに「リアル・ラピュタ」です!
建物に蔦の絡まった感じがイイ!
P1000670
P1000680
P1000684
P1000672
P1000696
P1000702
P1000705
そしてコロッセオを思わせる
「シックナー」(泥状の鉱石と水を分離する設備)の跡。
なんと直径50mもあります。
P1000671
P1000689
結局1時間ほどブラブラしましたが、
オイラ以外、誰一人として訪れませんでした。
人がいると、廃墟感は薄れてしまうと思うので
これはラッキーでしたね。
 
 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 【NC700X-DCT】佐渡島ソロツーリング2015(2) | トップページ | 【NC700X-DCT】佐渡島ソロツーリング2015(4) »

NC700X-DCT」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【NC700X-DCT】佐渡島ソロツーリング2015(2) | トップページ | 【NC700X-DCT】佐渡島ソロツーリング2015(4) »