« 【HD XL883N】セパハン交換準備 | トップページ | 【ハイエース】一年車検 »

2015年8月23日 (日)

【HD XL883N】セパハン交換

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

8/21(金)の夜、セパハンの交換作業です。

 Img_1259

レーシングスタンドとジャッキがあれば
バイクを正立させて作業できるので、
フロントフォークを抜くのも簡単です。

ハンドル周りは既にミリバーに対応してあるので
組み替えるだけでOK。

仮止め状態でハンドルを左右に切ったときの
タンクとのクリアランスを確認します。

今回装着した「GEタイプ」のハンドルバーは
68mm立ち上がっているタイプとなるので、
ハンドルバーの位置がトップブリッジの上面と
ほぼ同じくらいになります。

絞り角、垂れ角を調整した後にハンドル幅を測定しました。
交換前は700mmでしたが、交換後は680mmになりました。
(いずれもバーエンドを含まないグリップエンドで計測)

 Dsc05073
 ↑交換前:700mm

 Dsc05074
 ↑交換後:680mm

ハンドル幅を広くしたいのに、
換える前より狭くなってるしwww

ハリケーン製のハンドル延長バーを使って
735mmまで延長しました。

 Dsc05077
 Dsc05078
 Dsc05079
 Dsc05080

上体の前傾は大幅に緩和されましたね。

なかなか良さそう。

外したパーツを組み上げていくと、
ビキニカウルがハンドルバーに干渉することが判明。

ヤバイ、どうしよう。

対応策を一晩考えました。

①元のセパハンに戻す。
 →消極的過ぎww
②別の形状のハンドルバーに替える。
 →いい形状のハンドルバー無し。
③ビキニカウルを外す
 →ナビを風雨から守る役目があるのでNG。
④ビキニカウルの位置を上げる。
 →せっかく下げたのに・・・
④ビキニカウルを加工する。
 →当たるところを削っちゃう?

結論。
④で行きます!

8/22(土)にビキニカウルの加工をしました

大まかなカットラインを
マスキングテープで決めます。

 Dsc05085

ハンドルバーとのクリアランスを確認しながら
ベルトサンダーで少しずつ削り込みます。

ほぼ予定通りのカットラインまで削り込みました。

塗装済みのカウルですが、
ベース色もブラックなので
削り込んでいることは見た目ではほとんど判りません。

 Dsc05086
 Dsc05087
 Dsc05090

見た目も意外に悪くないですww
跨ってみた感じはかなり良くなった感じ。

 Img_1267

あとは実際に乗ってみて微調整です。

8/23(日)の早朝に試走しようと
スポを置いてある基地に向かっていたのですが、
朝霞で雨に降られたので一気に萎えました。
きっと乗るなってことですねwww

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 【HD XL883N】セパハン交換準備 | トップページ | 【ハイエース】一年車検 »

HD XL883N」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【HD XL883N】セパハン交換準備 | トップページ | 【ハイエース】一年車検 »