« 【NC700X-DCT】奥飛騨ソロツーリング(1) | トップページ | 【NC700X-DCT】キジマ エンジンガード »

2015年7月28日 (火)

【NC700X-DCT】奥飛騨ソロツーリング(2)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

(1)からの続きです。

7/26(日)は6:00起床。

昨夜は他の宿泊客が使用していたため
入れなかった貸切家族風呂に入ります。

 P1050626
 Rimg0003

ちなみに昨夜入った露天風呂はこんな感じでした

 P1050628

7:00から朝食。
朴葉味噌(ほおばみそ)が香ばしくて
食欲をそそります。

 Img_1164

チェックアウトして
平湯温泉のあかんだな駐車場へ。

バイクは建物の裏に置かせてもらえます。

 P1100698

7:50発の上高地行きのシャトルバスに
ギリギリで間に合いました。
ちなみにバスは往復のチケットを買ったほうが
かなりお得(片道:1160円、往復:2050円)です。

 P1100617

昨秋はバスターミナルまでバスで行き、
河童橋から明神橋を周った(約6.6km)のですが、
今回は一番手前の「大正池」でバスを降ります。

梓川沿いに設置された「自然研究路」という遊歩道を
上流に向かって歩きます。

 P1100622
 P1100637_2
 Img_1165
 Img_1169

田代橋を渡って梓川の右岸へ。

 P1100648

河童橋までは川沿いを歩きます。

途中にある「ウエストン碑」。

 P1100657
 P1100658

上高地は標高が約1500mらしいのですが、
右岸はほぼ日向を歩くことになるので暑いです。

 P1100651
 P1100665
 P1100666
 P1100667

河童橋から写真を撮っていると、
何組かにカメラのシャッター役を頼まれましたww

 Img_1176

「河童橋・明神自然探勝道」を進みます。
所々に上り下りがありますが、
基本的にはフラットなので歩きやすいです。

 Img_1181

この辺りは木陰になっているので
歩いていてもそれほど暑くないです。
上高地でいちばん気持ちの良いところですね。

 P1100681_2
 P1100682
 P1100684

明神橋で折り返し。

 P1100688
 Img_1182
 Img_1184

梓川左岸を下ってきます。
こちらは道幅も広く更に歩きやすいです。
でも面白味はないですね。

河童橋まで戻ってくると凄い人の数です。
すぐにバスターミナルの
あかんだな駐車場行きのバス乗り場へ。

30分おきのバスが発車してすぐだったのですが、
すでに長蛇の列ができています。
前のバスに乗れなかった人かも?

12:00発のバスに乗れましたが、
当然ながら補助席まで使う満員。
バスがもう一台あっても
乗りきれないほどの列ができていました。

今回は約9.8kmを3時間30分かけて歩きました。

次は「安房峠」を越えていつも立ち寄っている
『白骨温泉』に行きます。

 P1100700
 Img_0842
 Img_0843

公共野天風呂(510円)で上高地でかいた汗を流します。

他のお客さんに許可を得て1枚撮らせてもらいました。

 Img_0844

この後、ビーナスラインへ行こうかなと思ったのですが、
帰りの中央道の渋滞が怖かったので、
15:00過ぎとまだ少し早めの時間ですが
帰路につくことにしました。

松本ICから乗る前に2度目の給油。
昨日の給油から約370km走ってまだ余裕です。
給油量は11.0L。
一般道で約33.6km/Lは好燃費♪

長野道、中央道とも普段より車は多め。
そして小仏トンネルを先頭に
約20kmの渋滞がありましたが、
安全マージンをたっぷりとって
ゆっくりとすり抜け。

18:00には無事帰宅しました。

奥飛騨ソロツーリングのトータル移動距離
 高速道 :408.1km
 一般道 :438.9km
 トータル:847.0km

NC700X-DCTのトータル燃費
 給油量:26.35L
 燃費 :32.14km/L

今回のツーリングも天気に恵まれて良かったです。
次はどこに行こうかな~

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 【NC700X-DCT】奥飛騨ソロツーリング(1) | トップページ | 【NC700X-DCT】キジマ エンジンガード »

NC700X-DCT」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【NC700X-DCT】奥飛騨ソロツーリング(1) | トップページ | 【NC700X-DCT】キジマ エンジンガード »