« 【NC700X-DCT】岩手ソロツーリング(6) | トップページ | 【セロー250】ペダル位置調整 »

2015年6月 6日 (土)

【NC700X-DCT】岩手ソロツーリング(まとめ)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

最後に今回のツーリングに使用した
NC700X-DCTについてまとめます。

まずは基礎データ。

岩手ソロツーリングのトータル移動距離
 高速道 : 904.3km
 一般道 : 676.7km
 トータル:1581.0km

NC700X-DCTのトータル燃費
 給油量:58.52L
 燃費 :27.01km/L

満タン法で計測した区間燃費で
最高を記録したのは
実は二日目の一般道走行で、34.4km/Lでした。
ワインディングではDCTのDモードだけでなく
Sモードも多用しましたがなかなかの好燃費でしたね。

最低だったのは復路の高速道区間で24.4Km/Lでした。
経験上、巡航時にメーター読みで90km/hまでに抑えると
飛躍的に燃費は上がりますが、
それ以上はどんどん燃費が下がるようです。
3000rpm以下の燃料消費率が良いんでしょうね。

ネガな部分としては
スロットルのリターンスプリングが結構強めなので、
ずっとスロットルを開けていると疲れます。

スロットルグリップに巻きつけて使用する
「スロットルアシスト」を使うと
手のひらでスロットル操作することができるので
疲れを激減させることができます。

 Dsc04830_2

スロットルのON/OFFの多い一般道には適しませんが
一定の開度をキープする高速道路では非常に有効です。

電子スロットル+オートクルーズ化されれば
更に快適になるでしょうね。

シートは前下がりの形状を補正するために
前方にアンコ盛り加工をしているので
ポジションがバッチリ決まります。

 Dsc04829

ブレーキングでお尻がシート前方へ
スライドすることもなくなりました。
足着きは多少悪くなりますが、
もともと問題がないのでメリットの方が大きいです。

GIVIのシールドは効果的に走行風を切ってくれます。

 Dsc04828

風の境目はおでこ辺りなので、
ヘルメットのシールド部分から下、
胸のあたりまでは多少の巻き込みはあるものの
ほとんんど無風状態になります。

普段はヘプコのトップケースのみですが、
今回はサイドもつけたフルパニア状態でした。

 Dsc04827_2

右サイドにはカッパとサンダルといった
軽くて嵩張るものを、
左サイドにはMacbook PROと
2Lのペットボトルなど
比較的重いものを入れていました。

この状態で手放ししてみると
やはり左に取られましたね。

右側にあるサイレンサーを
ノーマルからアクラポヴィッチに
替えていることで、
大幅に右側が軽くなっていることも
影響しているかもしれません。

 Dsc04826

右と左の荷物を入れ替えたら
左右のバランスはちょうど良かったかも?

一般バイクのタンク位置にある
メットインボックスの使い勝手もバッチリ!

 Dsc04832

いつでも簡単に取り出すことができるので、
財布、スマホ、カメラなどは
ここに放り込んでおきました。

OEMタイヤのBT-023では
ラフなスロットル操作で
リアグリップが足りずに
ズルズル滑っていましたが、
パイロットロード4では安心感があります。
乗り心地も悪くないですね。

 Dsc04824

フロントスプリングにオーリンズ、
リアショックユニットはナイトロンに
交換しているので
そのおかげもあるかもしれませんが・・・

 Dsc04823

荷物も沢山積めるし、燃費も良い。
DCTだからクラッチ操作も不要だし、
ウインドプロテクションも問題なし。
スポーツ走行もそれなりにこなせるし、
音も静かで長時間乗っても疲れない。

現状での満足度はかなり高いです。
ツーリングでは最強クラスだと思います!

 Img_0803

北海道ツーリングはセローで行きますけどねwww

あ、久慈でゲットした「アマリンすてっかー」は
トップケースに貼りましたww

 Dsc04831_2

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 【NC700X-DCT】岩手ソロツーリング(6) | トップページ | 【セロー250】ペダル位置調整 »

NC700X-DCT」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【NC700X-DCT】岩手ソロツーリング(6) | トップページ | 【セロー250】ペダル位置調整 »