« 【NC700X-DCT】エンジンオイル交換 | トップページ | 【NC700X-DCT】岩手ソロツーリング(2) »

2015年5月31日 (日)

【NC700X-DCT】岩手ソロツーリング(1)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

当初、金土日の二泊三日でプランを立てたのですが、
日曜の降水確率がどんどん上がっていたため、
思い切って木金に有休を取り、
木金土の二泊三日で行くことにしました!

木曜日の朝3:30、まだ真っ暗ですが、
フルパニア仕様のNC700X-DCTでガレージを出発。
浦和ICから東北道に乗り、
途中、安達太良SAで給油休憩しただけで
一気に一関ICまで走りきります。

 P1080313_2

最初の目的地、「厳美渓(げんびけい)」に7:40着。
すぐそばの「サハラガラスパーク」の
無料駐車場にバイクを止めます。

 P1080318
 P1080328

当然ながら駐車場はガラガラです。

 P1080317

ここは国の名勝天然記念物に指定されている渓谷で、
日本百景にも数えられます。

 P1080319
 P1080320
 P1080326
 P1080331

小中学生の通学時間だったので、
多くの児童に挨拶されましたww

まず「達谷西光寺(たっこくせいこうじ)」。
岩肌に掘られた顔面大仏が目に入ってきます。

 P1080334

「達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう)」は
拝観料300円でした。

 P1080338

『龍虎鐘(りゅうこしょう)に抱きついて
 撫で撫ですれば、窟の毘沙門玉とご縁が結べます』
と告示があったので、抱きついておきましたww

 P1080340

毘沙門堂は後ろ半分が岩面にめり込む形で建っています。

 P1080343

顔面大仏も以前は身体もあったそうなのですが、
明治29年に地震で胸から下が崩落したそうです。

 P1080347

堂内にはカラフルな毘沙門様が鎮座していましたが、
撮影不可のため画像なしです。

 P1080355

「辯天堂(べんてんどう)」は火災、
「金堂(こんどう)」は排佛棄釋(はいぶつきしゃく)で
破棄された歴史があるようで、
現在は比較的新しいお堂が建っています。

 P1080351
 P1080363

「姫待不動堂(ひめまちふどうどう)」には
姫待不動尊が祀られていました。

 P1080360

次は今回のツーリングのメインともいえる、
『世界遺産・平泉』へ向かいます。

正式には2011年に
『平泉-仏国土[浄土]を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群-』
として世界文化遺産登録されています。

次は「毛越寺(もうつうじ)」へ。

隣接する町営駐車場にバイクを止めました。
駐車料金は50円と格安でした。

 P1080370

毛越寺の拝観料は500円。

 P1080372
 P1080433

入ってすぐに目立つ句碑がありました。

『夏草や 兵どもが 夢の跡』という
松尾芭蕉の有名な「夏草」を
新渡戸稲造が英訳したものだそうです。
新渡戸稲造といえば一つ前の五千円札の肖像でしたね。

 P1080375

で、英訳したものがこちら
 “The summer grass
  ’Tis all that’s left
  Of ancient warriors’ dreams.”

本堂にお参り。

 P1080377

その後、右手に広がる庭園へ。

庭園内の「開山堂(かいざんどう)」には
毛越寺を開いた慈覚大師円仁(じかくたいしえんにん)が
祀られていました。

 P1080381
 P1080383

ここは「浄土庭園」という庭園が見どころのようです。
いわゆる「日本庭園」とは趣の違う庭園です。

 P1080422
 P1080426
 P1080428

多くの堂は火災などで消失し、
残されている礎石などから当時の様子をうかがい知ることとなります。

 P1080389

案内板にはQRコードが貼り付けてあるものがあります。

 P1080390
 P1080391

これをスマホで読み取ってみると、
「平泉ポータブル観光ガイド」のページで
詳細な情報を得ることができます。

 P1080393

これはなかなか便利ですね。

 P1080431

最後に真新しい建物の「毛越寺宝物館」に展示されている
平安期の仏像、工芸品、書物などの国宝、重要文化財をみて終了。

次は「平泉文化遺産センター」へ行きました。

 P1080441
 P1080437

駐車場で日産の「New Mobility Concept」を発見!
実物はなかなかカッコイイ!

 Img_0768
 P1080434

無料で公開されている施設ですが、
平泉の歴史をパネルや映像で学ぶことができます。

特に展示室内で見ることのできる紹介ビデオが良かったですね。

 P1080439

残念ながら展示室内は撮影禁止のため画像はありません。

「中尊寺」まで移動して、
月見坂に近い町営第一駐車場にバイクを止めます。
ここも駐車料金は50円でした。

 P1080442

月見坂の入り口で音声ガイド(500円)を借ります。

 P1080447

以前、日光東照宮に行ったときにも
この音声ガイドは非常に有益だったので。

各ポイントで音声ガイドをを聞くことにより、
それほど事前知識がなくても楽しむことができます。

後になって「あ、これ見てない」という
ポイントの見落としも無くなるので安心です。

 武蔵坊弁慶の墓
 P1080445
 P1080444

 月見坂
 P1080450

 八幡堂(はちまんどう)
 P1080453

 弁慶堂(べんけいどう)
 P1080458

 地蔵堂(じぞうどう)
 P1080464

 薬師堂(やくしどう)
 P1080467
 P1080468

 観音堂(かんのんどう)
 P1080471

 本堂(ほんどう)
 P1080476
 P1080477

本堂には「釈迦如来(しゃかにょらい)」が
本尊として祀られています。

 不動堂(ふどうどう)
 P1080481

 峯薬師堂(みねやくしどう)
 P1080486

 大日堂(だいにちどう)
 P1080490
 P1080493

 鐘楼(しょうろう)
 P1080495

なかには「梵鐘」が納められています。

 阿弥陀堂(あみだどう)
 P1080497

 弁財天堂(べんざいてんどう)
 P1080535

やっと金色堂まで来ました。

「金色堂」と「讃衡蔵(さんこうぞう)宝物館」のみ
拝観は有料(800円)です。

これが金色堂を覆う「覆堂(おおいどう)」です。
この覆堂のなかに金色堂があります。

 P1080499

平日ということで参拝客も少なく、
少し待つだけでパンフレットのような
人の写り込まない写真を撮ることができました。

 P1080502

国宝の「金色堂」は圧巻です。
阿弥陀如来(あみだにょらい)を本尊とし、
堂内は金箔で覆われ、極楽浄土を表しているそうです。
さすが『平安仏教美術の最高峰』ですね!
息を飲む美しさでした。

予想通り、金色堂は撮影禁止のためしばらく眺めていました。
 
 経蔵(きょうぞう)
 P1080504
 
 関山天満宮
 P1080507
 
 松尾芭蕉像
 P1080510

 旧覆堂(きゅうおおいどう)
 P1080511

旧覆堂は重要文化財に指定されているそうです。

 P1080513

実際に中に入ることができます。
この覆堂のおかげで金色堂が風化せずに保たれたんですね。

 釈迦堂(しゃかどう)
 P1080521
 
 白山神社(はくさんじんじゃ)
 P1080522
 P1080523

 能舞台(のうぶたい)
 P1080529

帰りの月見坂で人が切れて
シャッターチャンス!と思ったら、

少年が駆け込んできましたwww

 P1080540

当初の予定ではこの後に
「猊鼻渓(げいびけい)」という渓谷へ行く
予定だったのですが、
東の空に厚い雲が立ち込めています。

 P1080542

スマホで天気をチェックすると
小雨が降っている様子だったので、
猊鼻渓は諦めて盛岡市内まで一気に向かうことにしました。

長くなったので(2)に続きます

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 【NC700X-DCT】エンジンオイル交換 | トップページ | 【NC700X-DCT】岩手ソロツーリング(2) »

NC700X-DCT」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【NC700X-DCT】エンジンオイル交換 | トップページ | 【NC700X-DCT】岩手ソロツーリング(2) »