« 四国最南端の足摺岬へ! | トップページ | 【セロー250】利根川泥んこ遊び♪ »

2015年5月 8日 (金)

【セロー250】ギア比の再考察

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

先日北海道ツーリング用に変更した
セローのギア比についてです。

現在の16T×48Tですが、
ツインリンクもてぎへの行く時に
高速道路を使ったのですが、
メーター読み90~100km/hあたりで巡航するには
非常に快適でした。

市街地では40~60kmあたりが多いので、
3速~5速を使い分けることで十分に対応できると思っていました。

ところが、秩父ソロツーリング時に
メーター読み60km/hあたりで巡航しようとすると、
僅かな上りでも5速のままだと
ノッキング気味になることがあり、
4速へのシフトダウンを強いられることが多々ありました。

 P1080238

北海道では交通量の少ない一般道がメインとなるので、
60kmあたりの定速走行を多用すると思われます。
そのため、今のギア比では高すぎると判断しました。

ノーマルは15T×48Tでチェーン428-128コマですが、
チェーンは現状の130コマのまま行きたいので、
ノーマル近似値で組み合わせを探ると
16T×50Tが使えそうです。

 Dsc04726

ノーマルのギア比3.20に対し、3.125。
現在の16T×48Tは3.00なのでかなりノーマルに近くなり、
ノーマルよりややハイギアードといった位置付けになります。

北海道に行く前に確認できてよかったです。
16T×50Tに組み替えてもう一度試走してみます。

ギア比以外にもハンドルバーの角度、
ブレーキペダル、シフトペダルの位置も
林道用のスタンディングポジションに合わせているので、
シッティングポジション用に再調整が必要ですね。

やはりノーマルって
そのバイクが標準的な使われ方をした時に
最も万人受けするようなセッティングになってるんですよね。

もちろん、特定の使い方に特化する場合は
ノーマルでは物足りないところがあることも理解してます。

弄り倒してノーマルに戻るということを
これまでに何度も経験しているくせに、
学習できないのか、弄らずにいられないんですよね。

まぁ中には弄りすぎて
元に戻せなくなった車両もありますがwww

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 四国最南端の足摺岬へ! | トップページ | 【セロー250】利根川泥んこ遊び♪ »

セロー250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四国最南端の足摺岬へ! | トップページ | 【セロー250】利根川泥んこ遊び♪ »