« 2015 FIM トライアル世界選手権観戦記(2) | トップページ | GWは四万十川の沈下橋巡り♪ »

2015年5月 1日 (金)

【セロー250】秩父ソロツーリング♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

今年も芝桜のシーズンになりました。
4/29(祝)に秩父・羊山公園に芝桜を観に行ってきました。

昨年は5/4と5/11に2回訪れた羊山公園ですが、
正直なところ芝桜の咲きっぷりが期待外れでした。
今年こそは!との期待を込めてセローで行ってみます。

ちなみに5/4はNC700X-DCT、5/11は今はなきHD FLHXでした。
昨年の記事はこちら↓
http://techgarage-s4.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/nc700x-dct-7876.html
http://techgarage-s4.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/hd-flhx-4851.html

今年も念のため、前日に秩父市観光課にTELして
有料開園時間と公園内へのバイク乗り入れについて
確認しておきます。

昨年同様、7:00までなら入園可能とのことだったので、
逆算して5:00に出発することにします。
もちろんオール下道で行きますよ!

昨年はかなり寒かったのですが、
今年はそれほど寒くないです。

R299ではずっと工事中だった
「吾野トンネル」も開通していました。
まだ開通して2ヶ月足らずだったようです。
https://www.pref.saitama.lg.jp/a1001/doboku-sansaku/aganotn.html

羊山公園には6:30過ぎに到着。
ギア比変更してからのセローは
アベレージスピードが上がってますね。
ただ、ちょっと「ん?」思う点もあったので、
この件については別記事にて。

園内を進むと、案内の警備員に
バイクは入っちゃダメだと止められました。
いや、こんなこともあろうかと
わざわざ観光課に確認してるんです。
事情を説明して再度確認してもらうことに。
無線でなにかモメてましたが、
とりあえずは通してもらえました。

昨年は身障者エリア内の一角を指定されましたが、
今年は出店者用エリアの隅っこを指定されました。

 P1080143

どちらも「芝桜の丘」までは数十メートルなので、
全く問題はありません。

「芝桜の丘」はすでに多くのお客さんで賑わっていました。

 P1080144

芝桜の咲きっぷりは昨年よりは良くなっています。
でも場所によっては土ばかりだったり、
緑が強かったりとイマイチ感も拭えません。

 P1080157
 P1080163

とりあえずハートマークも観るに耐える仕上がりでしたww
来年はもっといい仕上がりになればいいですね。

 P1080161

入口すぐのチューリップはなかなかイイ感じでした。

 P1080182

7:30頃までウロウロした後、
会場内でもらった秩父の観光パンフレットに載っていた、
奥秩父方面のいくつかのポイントに行ってみることにしました。

まずはちょくちょく寄っている「浦山ダム」。
時間も早いので他にお客さんもなし。

 P1080186
 P1080189

これはチャンスとセローを押してダムの上へ。
後ろが抜けている写真を撮ってみましたww

 P1080193

次は「秩父往還(ちちぶおうかん)」という旧街道へ向かいます。

交互通行となる二瀬ダムの信号待ちが長いので、
路肩に停めて二瀬ダムの写真を撮りました。

 P1080196

こんなことをしてても信号待ちはなかなか解けないんですけどね。

信号を直進し、すぐ先の分岐を山側の道へ進みます。

途中で国指定史跡の「栃本関跡(とちもとせきあと)」発見。
ん~外から見る限りは関所感はあまりないですね。

 P1080201
 P1080202

案内板がなかったら見落としていたかも?

秩父往還は「日本の道 100選」の一つらしいのですが、
少しガスがでていて景色がイマイチだったこともあり、
心を打たれるようなことはありませんでした。

下の道の合流したところで折り返し、
次は「不動滝(ふどうのたき)」に向かいます。

小さな休憩所の横に不動滝への入口がありました。
案内板によると、ここから徒歩で約20分とのこと。

 P1080237
 P1080204

早速歩き始めます。
いきなりの急坂下り。
5分ほど下ると、「不動橋」というつり橋があります。

 P1080209_2

この橋がイイ感じで揺れます。
こういうのが苦手な人にはキツイでしょうね。
オイラは全然平気ですがww

橋を渡ると今度は急坂上り。

上り始めてすぐに
「ささやきの滝」という案内板発見。

 P1080211

どこに滝が?と思って見上げると、
水道の蛇口から水がタラタラと流れる程度の
小さな流れが斜面の一面に数十本あります。

 P1080216

「ささやきの滝」というネーミングに納得しました。

日頃の運動不足を痛感しながら
その後もひたすら急坂を上ると、
対岸のセローを停めた道が下に見えるようになります。

上りきったところで、
大きな滝の音が聞こえてきました。

なるほど、「不動滝」は渓谷を一つ、
山を一つ越えたところに位置するので、
その山に遮られて音が聞こえなかったんですね。

下り始めて数分で「不動滝」がその姿を現しました。

 P1080230

おーなかなか豪快な滝です。
水量も豊富です。

二段落ちの滝っぽいので、
下の方から写真を撮ろうと行ってみると
なんと三段落ちの滝でした。

 P1080226
 二段目

 P1080229
 三段目を上から

その落差は上段から25m・15m・10mで計50mにもなるそうです。

 P1080220

この滝、結構好きかも?

まぁここまで来るのがちょっと大変ですけどね。

オイラの足でちょうど片道20分でした。
健脚な方なら15分くらいですかね。

次は「三峯神社」に行ってみます。
先ほど通った二瀬ダムの信号を右折、
ダムの上を通ってひたすら山道を登ります。

上りきると大きな駐車場がありました。
バイクの駐車料は200円(普通車は510円だったかな?)でした。

 P1080312
 P1080241

まずは「三峯ビジターセンター」へ。
入場は無料なので入ってみます。

 P1080242

館内には奥秩父の山々の紹介資料や、
生息する動物、鳥、昆虫の剥製や標本がありました。

三峯神社に向かって歩いていると、
売店前で「いもでんがく」のノボリが目に付きました。
ちょうど小腹も空いていたので、
食べてみることにしました。

 P1080245
 P1080247
 いもでんがく(1本300円)

まぁ美味い食べ物ではないですね。
リピートすることはないでしょうww

鳥居をくぐって進むと、
左手に「随身門(ずいしんもん)」があります。
赤く塗られた随身門は程よい派手さでキレイでした。

 P1080253
 P1080256

先に進むと右手に石段があり、
その上に「青銅鳥居(せいどうとりい)」が見えました。

 P1080261

青銅鳥居の先の「手水舎(ちょうずや)」。
これがなかなかの派手さです。

 P1080265

手水舎で手と口を清めて参拝します。

正面の「拝殿」は一段と派手です。
日光東照宮のようなキラキラした派手さではなく、
色鮮やかな派手さですね。

 P1080266

ここにも煌びやかな彫刻が見られます。
塗り直してまだ時間が浅いのかな?
それにしても鮮やかな色彩でした。

 P1080267
 P1080268
 P1080270
 P1080272
 P1080277

拝殿への石段の左右にある「神木」に
手を当ててパワーを貰います。
 P1080281

大きく深呼吸を3回してから手を当てるそうです。

 P1080279

境内には極心空手の大山倍達氏の碑がありました。
大山氏は三峯神社で山篭りの修行を何度も敢行していたそうです。

 P1080298

その先には「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)銅像」があります。
銅像本体が5.2m、高台に立っているので地上15mにもなります。

 P1080302
 P1080303

三峯神社について詳しくはこちら
http://www.mitsuminejinja.or.jp/index.htm

このまま来た道を二瀬ダム方面へ引き返そうかとも思ったのですが、
どうやら反対側の道にも抜けられそうです。

駐車場のおじさんに聞いてみると、
その先は全面舗装の林道で、
遠回りになるけどR140に抜けられるとのこと。
道幅が狭く落石もあるので気をつけてねと言われました。

もちろんそっちの道へ行ってみます。
カーナビにも表示されない林道でした。

中央線のない幅員4~5mほどの道で、
確かに二瀬ダムからの道に比べれは狭いですが、
神経質になるほどではなく無事R140へ抜けられました。

秩父市内は芝桜祭りの人で賑わっていました。
ちょうど昼時だったこともあり、
名の知れたいくつかの食事処は大行列でしたね。

いつもは渋滞に悩まされるR299ですが
時間が早いので渋滞は皆無です。

13:30過ぎには所沢まで帰ってきました。
タイ料理店「ナムチャイ 所沢店」でランチして帰宅。

 Img_0558
 Img_0559

早朝に出発するツーリングは
時間を有効に使えるのでなんとなくお得感があります。

なかなか面白かったので、
また行ってみたいと思います。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 2015 FIM トライアル世界選手権観戦記(2) | トップページ | GWは四万十川の沈下橋巡り♪ »

セロー250」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015 FIM トライアル世界選手権観戦記(2) | トップページ | GWは四万十川の沈下橋巡り♪ »