« 【セロー250】房総の秘境巡りソロツーリング(前編) | トップページ | 【セロー250】アドベンチャースクリーン装着! »

2015年3月17日 (火)

【セロー250】房総の秘境巡りソロツーリング(後編)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

前編はこちら

時間は14:00過ぎ。
そういえば、昨夜から何も食べてません。

鋸南町の有名スポット「ばんや」で
食事でもしようかと立ち寄ってみました。
http://www.banya-grp.jp/access/

すごい人で、空席待ちの行列が出来ている状態。
我慢できないほどの空腹でもないので食事は諦めました。

次は富津の「灯篭坂大師のトンネル」に向かいます。
このトンネルを抜けて・・・

 P1070585

すぐ右手にこんなトンネルがあります。

 P1070587_2

R127内房なぎさラインから入ること100m足らずで
こんなものが見られるとは驚きです。

高さは8mもあるそうです。
セローがこんなにちっぽけです。

 P1070592_2

なぜこんな強烈なインパクトを残す形になったのかは
以下を参照してくださいww
http://www.city.futtsu.lg.jp/0000000606.html

なるほどね~
納得しました。

ちなみに反対側はこうなってます。

 P1070598

ちょっと動画も撮ってみました。

次は関地区にある「犬岩」に行きます。
「S秘境」と呼ばれている場所らしいですね。

 P1070599

犬石は富津市の観光情報にも掲載されているので
秘境といえるのかはちょっと?ですけどね。
http://www.city.futtsu.lg.jp/0000000578.html

近づくにつれ、小雨が落ちてきました。

民家の先にある入口と思われるところに着きました。
一瞬セローで入ろうかと思ったのですが、
いやな予感がしたので、入口に止めて歩いて向かいました。

大正解です。
途中は幅20cmくらいのところはあるし、
少し進むとコケの生えた岩の上を進まないといけません。

 P1070610
 P1070611

雨の影響もあり、めちゃめちゃ滑ります。
歩くだけでもおっかなびっくり。

一人でバイクはオススメできませんね。
少なくともオイラのレベルでは
下りたら最後、上ってこられないと思います。
まぁまともに下りられるとも思いませんがww

 P1070600

ドキドキしながら到着、これが「犬石」です。
ちょうど犬の首にあたる部分に
増水で流れついたと思われるゴミが絡み付いていました。

 P1070608

ここも下はコケの生えた岩で、もちろんヌルヌルです。

犬岩側からアプローチ場所を見るとこんな感じ。

 P1070607

この斜度のコケの生えた岩をバイクで上るのは自殺行為ですねww

これでGARRRRに掲載されていた8つの秘境はコンプリートです。

でもせっかくここまで来たので、
もう一つ、有名な「T秘境」にも行ってみます。

お約束で場所は明かせないことになっているようですが、
今ではネットを駆使すればほぼ特定できます。

実際、一度も迷うことなくたどり着きました。

ここがT秘境の入口の目印となる手掘りトンネルです。

 P1070612

トンネルを抜けて奥に進みます。

マッド路面のダートを下っていくと河原に着きました。
どうやらここがT秘境のようです。

 P1070614
 P1070617

雨雲の影響で薄暗く、
景色もこれといって良いわけではありません。

陽が差していれば印象が違ったかもしれませんが、
あまりオススメできる感じではなかったですね。

早々に引き上げて、舗装路まで上がりました。

雨が本格的になってきたのでここでカッパを着込みます。
ブーツの防水テストにもなりそうです。

ジーンズをブーツインし、カッパをブーツアウトします。

あとは自宅へ帰るだけ。

走り始めて20分くらいで雨は完全に上がりました。
これじゃブーツのテストにならないじゃん。

当然ですがこれくらいではブーツへの浸水はなし。
地下壕に入ったときも歩きにくさは感じなかったので
観光を伴うツーリングでも十分実用に耐えると判断しました。
ジーンズをブーツアウトすれば
見た目のゴツさも感じられないので大丈夫だと思います。

結局カッパを脱ぐタイミングもなく、
自宅まで休憩なしでカッパを着たまま走りましたww

家に着いたのが19:00。
自宅を出発したのが3:00なので約16時間のツーリングでした。

走行距離はセローのメーター読みで632km。
タイヤの外径やギア比が変わっているので
正確な距離ではないですが、
一日の走行距離、しかもオール下道としては
なかなかのバカっぷりですwww

平均燃費は39.5km/Lをマーク。
飛ばしてもいませんが、
燃費走行を意識したわけでもないので
この低燃費は嬉しいです。
北海道でもこれくらいは走ってくれそうですね。

ガソリン代が2,000円ちょっと、
「萬徳寺」の拝観料500円と
「赤山地下壕」の入壕料200円を合わせても
トータル3,000円ほどというリーズナブルなツーリングでした。
食費が0円だしwww

最後にセローのインプレです。

まず、力造サイレンサーです。
さすが「サイレントタイプ」と言うだけあって
音量はノーマルとそんなに変わらないと思います。
音質はちょっと低くなったかな?
静まりかえった朝3:00でも
エンジンを掛けることに臆する必要はないレベルだと思います。

パワーがロスしている感じは全く感じません。
どちらかというと各ギアの守備範囲が少し広くなった感じ。
全域でトルクが太くなっているんですかね?

ただこれは力造サイレンサーだけの効果ではなく、
SP忠男のエキパイの効果もあるのかもしれません。
あまり高回転まで回していませんが
常用域での速度の乗りも問題ありませんでした。

車体右側のサイレンサーがノーマルより軽量化された上に
左側のサドルバッグに荷物を入れたこともあり、
重量バランスは大きく崩れました。
そのため、少しだけバイクが左に行きたがるようになりました。
といってもそれほどひどいわけではなく、
想定の範囲内ですけどね。

唯一の難点は「アルミサイレンサー」のため
傷が付きやすいということ。
枯れ木に軽くこすっただけで
早速大きな傷が付いてしまいました。

 Dsc04651

アイリス箱は便利です。
荷物は入れやすいし、サイズも適正かと思います。
鍵がかかるのでバイクを離れるときも安心です。

サドルバッグも問題なし。
途中からはその存在すら忘れてましたwww

雨に降られましたが、もちろん中への浸水はなしでした。
ただ、時期によっては
バッグ内に湿気がこもる事も考えられるので、
中に入れる個々の荷物も
ジップロック等に入れたほうがいいと思います。

装備が満載となってきたので
このままでは林道トレッキングには適しませんが、
ツーリング仕様としてはかなり完成度が上がってきました。

 Dsc04609

ただ、条件のいい舗装路メインの場合、
林道トレッキング用に下げた現状のギア比では厳しいです。
走り始めてあっという間に5速まで入るし、
流れが良いところの巡航では
エンジン回転が高くなりすぎてしまいます。

ギア比をハイギアード化して、
すでに入手済みの「アドベンチャースクリーン」を付ければ
北海道ツーリング仕様としては完璧だと思います!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 【セロー250】房総の秘境巡りソロツーリング(前編) | トップページ | 【セロー250】アドベンチャースクリーン装着! »

セロー250」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【セロー250】房総の秘境巡りソロツーリング(前編) | トップページ | 【セロー250】アドベンチャースクリーン装着! »