« 【CRF150R2】LEATTネックブレース&チェストプロテクター購入! | トップページ | 【CRF150R2】DRC 鍛造シフトレバーに交換♪ »

2015年1月21日 (水)

【CRF150R2】川越・モトクロスヴィレッジ フリー走行(1回目)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッと押してください

1/18(日)は川越の「モトクロスヴィレッジ」の
フリー走行に行ってきました。
http://www.westpoint.co.jp/motocrossvillage/

7:00に自宅を出て下道でトコトコと向かいます。
それでもちょうど1時間で到着。
まだゲートも開いていませんでした。

しばらくしてゲートが開きましたが、
ゲートの外で米蔵さんが来るのを待ちます。

米蔵さんと一緒に入場。
仲間をたくさん紹介してくれました。
人の顔と名前を覚えるのは苦手なので
全く覚えられませんでしたが・・・

走行受付をします。
昨日手配してくれたアクスルナットも無事入手できました。

コースはブルドーザーで整備中。
コースサイドには霜柱が見えます。

 Img_0272

この日はとにかく風が強かったですね。
ピットエリアのあちこちで
イスが風に飛ばされていまいた。

ガソリンを補給して走行準備をします。
ところが一向にエンジンがかかりません。

ヤバイ、ハマったか?と思っていると、
サイレンサープラグを外していないことに気付きました。<バカ

マフラーに栓をしていればエンジンが掛かるはずないですよね。

サイレンサープラグを外してエンジン始動。
無事掛かりました♪

コースが混み合っていない時間を見計らって
恐る恐るコースインww

まずはコースレイアウトを覚えるところから始めます。

ピット位置から見えていたところはなんとなくわかりますが、
一番奥に「フープス」、いわゆるコブ路面がありました。

もちろんこんな路面走ったことないです。
車体の上下動も大きいので
一見地味ですがなかなか怖いです。
そろりそろりと舐めるように走ります。

上手い人がコブの頂点から頂点を繋ぐように、
異次元のスピードで飛ぶように抜かしていきます。
小さいバイクに乗ったキッズまでも
オイラの横をピョコピョコと走り抜けていきます。

10分ほど走っただけで汗だくです。
身体はガチガチでバイクを傾けることもできないし
スロットルも全く開けられません。

1時間ほど休憩して2回目の走行。

へっぴり腰でビビリまくりの走行姿を
米蔵さんが撮ってくれてましたww
ちょうど1コーナーへの進入のあたりですね。

 17225471_2133029486_74large

バイクが小さいのでまるで"サーカスの熊"状態。

 17225471_2133029449_148large

キッズにアウトからまくられてるし(爆)

 17225471_2133029509_59large

これは1コーナーの立ち上がりかな?
ヘビーな体重のせいでリアサスもボトムしちゃってます。

客観的に見ると自分が思っている以上に不細工ですねwww

やはり速い人は乗り方もサマになっています。
見た目が悪いということは
間違いなく遅いということでしょうww

米蔵さんからは
コーナーの進入でもっとシートの前に座るように
アドバイスをもらいました。
そうするとフロントを軸に走れるので
リアが流れても対処できるとのこと。

理屈はわかってるんですが、
身体がなかなかついていかないんですよね。

11:00からはクラス分けでの走行となりました。
00~20分が上級者、20~40分が中級者、
40~00分がキッズ&初級者です。

もちろん初級者枠で走ります。
周りは小さいバイクのキッズばかり。

にもかかわらずガンガン抜かされまくり。
間違いなく初級者枠の中でさえ最遅確定です。

そんな中で一人だけ、
オイラと同じくらいのペースで走っているキッズを
奇跡的に発見しました!
接近すると怖いので、少し間隔を開けて必死でついていきます。
今はこれが精一杯です。

米蔵さんにアドバイスをもらった通り、
進入でオーバーすぎるくらい前に座るように意識してみます。
でも少し気を抜くと元に戻っちゃうんですよね。
これは繰り返して慣れるしかないですね。

 Img_0273

昼休憩を挟んでいよいよ午後の走行です。
コースサイドで中・上級者の走りを
アプローチのラインやブレーキングの仕方などを中心に
じっくり見てイメージトレーニング。

いきなり多くのことはできないので、
1コーナーへの進入方法とバンクの使い方に
ポイントを絞ってやってみます。

最終のジャンプ(飛べないけど)のあと、
座ったままで内足を出して1コーナーまでアプローチしてみます。
なんとなくしっくり来ない感じ。

それでも少しずつ慣れてきたのか、
イメージと身体の動きがシンクロしてきました。
全体のペースは少しだけ上がってきたように感じます。

走行時間の半ばを過ぎたあたり、
フープス出口の左コーナーで
急にエンジン回転が上がる現象がでました。
あれ?ガス欠?
でもおかしかったのはその一瞬だけで
その後は普通に走れました。
もしガス欠でコース内に止まってしまうのは迷惑なので
一旦ピットに戻ることにしました。
燃料を確認するとまだ十分に残っています。

どうやらスロットルを上手く戻せてなかっただけだったようです。
自分が思っている以上に疲れているみたいです。

走行の残り時間が5分ほどだったのでコースには戻らず、
燃料を補給しておいて次の走行に備えます。

 Img_0274

この頃から前日の谷田部の影響か、
筋肉痛が出てきました。
特に上腕と太腿にキテます。

走行枠的にはあと2回走れるんですが、
体力的に次の1回でラストにします。

さっきは座ったままでアプローチした1コーナーを
今度はスタンディングで行ってみます。

オイラにはこっちの方が合っているみたいです。
バンクの使い方も最初に比べれば良くなってきて
早めにスロットルを開けられるようになりました。

調子に乗ってバンクの立ち上がりで
スロットルを大きく開けすぎてリアが大きくスライド、
内足で思いっきり地面を蹴飛ばして転倒は免れましたが、
足の裏はジーンと痺れてました。
当然そこからまたスロットルを開けられなくなりましたww

それでも、午前中は付いていくのが精一杯だった
何人かのキッズを抜かすこともできました。

ジャンプはまだ怖いので舐めて走りますが、
速いキッズのペースに釣られて意図せず飛んじゃって
心臓バクバクになったりww

元のレベルが「初級者の下の下の下」なので、
一日で大幅にスキルアップしました。
多分、「初級者の下の下」くらいにはなったかとww
ま、どっちにせよ底辺ですけどね(爆)

クラス分けされていない混走時は
レベルの差がありすぎて正直怖いです。
もちろん走行ラインを守っていれば
上手い人が勝手に抜かしてくれるのは判っていますが、
オイラのレベルではラインを守ることすら難しいので。

クラス分けしてからはさほど後ろを気にしなくてもいいので
かなり集中して走れました。

走り終えた頃には筋肉痛が上腕と太腿だけでなく
肩や胸、背中にもキテました。
これ以上は無理して走っても怪我するだけですね。

それにしてもコケずに走り終えるのは久しぶりな気がします。

前日に購入したLEATTのチェストプロテクターは
最初は肩のプロテクターまで装備していましたが、
少し違和感を感じたので肩だけ外しました。
それからはネックブレースもプロテクターも
特に違和感を感じることなく走れました。

楽しかったです。
米蔵さん、またアドバイスをお願いします♪

とりあえず、窮屈なポジションを改善するために
ハイシート化は進めたいと思います!

サスペンションもなんとかしないといけないかも?
乗る人間を軽量化することが
一番効果的なのはわかってるんですけどね・・・

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中
      ご協力お願いします

|

« 【CRF150R2】LEATTネックブレース&チェストプロテクター購入! | トップページ | 【CRF150R2】DRC 鍛造シフトレバーに交換♪ »

CRF150R2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【CRF150R2】LEATTネックブレース&チェストプロテクター購入! | トップページ | 【CRF150R2】DRC 鍛造シフトレバーに交換♪ »