« 2014 MotoGP 日本GP観戦記(3) | トップページ | 2014 MotoGP 日本GP観戦記(4) »

2014年10月19日 (日)

【セロー250】ミラー交換

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

MotoGP観戦記の途中ですが、
ちょっと別ネタを挟みますww

先日、林道でコケてミラーホルダーを破損したので、
ミラーホルダーの交換は必須なんですが、
どうせまたコケるので、
その時にまたミラーホルダーを壊さないように
対策することにしました。

ノーマルのミラーは固定式なので、
転倒時のように横方向からの入力を
逃がすようにはできていません。

そこで、一般的に「オフロードミラー」と呼ばれる
可動式のミラーを装着することにしました。
ナポレオン、タカツ、DRCなど
様々なメーカーのミラーを検討しましたが、
その中から選んだのは
「ラフ&ロード RALLY690ミラー」です。
http://rough-and-road.weblogs.jp/news/2008/11/rally690-ecfe.html

購入の決め手は以下の3点。
1.可動(可倒)方法が良さそう。
2.三次元ステーがスタンディング時に邪魔にならなさそう。
3.安いww

10mmの正ネジ仕様のみですが、
三次元ステーの関係で右用と左用があります。

もう一つの対策として、
レバーホルダーを兼ねているミラーホルダーを使わずに
独立したミラーホルダーにすること。

今回もミラー取り付け部が破損しましたが、
もう少しでクラッチレバークランプの
固定ビスまでいくところでした。

ここまでイッてしまうと
最悪の場合、クラッチレバーが使えなくなります。
自走で林道に行っているので
クラッチレバーが使えないといろいろと大変ですからね~

ちょうど手元に出所不明のミラーホルダーを余らせていたので、
ソレを使うことにしました。

スイッチボックスとブレーキ/クラッチレバーの間に
ミラーホルダーを割り込ませるので、
ミラーホルダーの幅(約10mm)の分だけ
ブレーキ/クラッチレバーが内側に入ることになります。
まだノーマルレバーのままなので、
内側に寄ってもギリギリ3本掛けできます。

いずれ交換しようと用意していた3フィンガーレバーでは
人差し指と中指の2本掛けしかできないかも?

走行中は2本掛けなので問題ないですが、
停車時などでクラッチを切るときは3本掛けしているので、
3フィンガーレバーを使うことはないかも?

で、肝心のミラー取り付け。
可動部の構造がなかなか複雑。
恥ずかしながら理解するのにちょっと苦戦しましたww

最初に力技で可動部を動かしたこともあり、
ピロボールの塗装が剥げてしまい、
カッチリと締めこんでも微妙に緩い感じになっちゃいました。

走行中にミラー位置が変わらなければいいんですが、
実際はちょっと微妙な感じ・・・

まぁそんなこんなで装着完了。

 Dsc03474
 Dsc03475
 Dsc03476

舗装路を走った感じでは
ミラー位置が動くこともないし、
後方視界もそんなに悪くないです。

ダートを走るとどうなるかはわかりません・・・

実は10/4(土)に交換作業をしたのですが、
その時に撮った画像が
メモリーカードのエラーで全部ボツになりました。。。

今回掲載している画像は改めて撮り直ししたものです。
おかげで公開が大きく遅れることになってしまいました。

まぁほとんどの記事が時間軸を無視しているので
それほど問題ではないんですけどねwww

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 2014 MotoGP 日本GP観戦記(3) | トップページ | 2014 MotoGP 日本GP観戦記(4) »

セロー250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014 MotoGP 日本GP観戦記(3) | トップページ | 2014 MotoGP 日本GP観戦記(4) »