« 『汚れトリンFコート』を試してみました! | トップページ | 続・ノートPC »

2013年11月14日 (木)

【NC700X-DCT】オーリンズ フォークスプリング投入!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

納期2~3ヶ月と言われ、
年内に手に入ればいいかと思っていた
オーリンズのフロントフォークスプリングと
フォークオイル#10が
発注から1ヶ月ほどの10月末に届きました。

 Sdsc01311

どうせ組むならプリロードを調整できるようにしようと
イニシャルアジャスターを探しました。

NCX専用としては今のところ国内流通品はないようです。
海外ではあるようですけどね。

ネットで情報を漁ってみると、
同じ41mmフォークのCB400SFのものが流用できるようです。

ただ、フォーク内側の形状が違うようで、
稼動部のお皿の径が若干大きく、
フォークトップのネジ部に引っかかるとか。

まぁその辺りは現物合わせで加工すれば済む話なので
とりあえず気にしないことにします。

ホンダ純正部品の取り寄せも検討しましたが、
一部パーツがブルーなのが自分的にはちょっとNG。
レッドなら即採用だったんですけどね。

で、他を当たっているうちに面倒になって、
某オクで見つけた激安品を買ってみましたwww

すぐに届きましたが、
予想通り仕上がりは雑でした。

 Sdsc01313

とりあえずブツは揃ったので、
去る11/3に秘密基地で交換作業をしました。

ちゃちゃっとバラします。

 Sdsc01309

ノーマルスプリングに
どれくらいテンションが掛かっているのか
興味がありましたが、
あまりテンションが掛かっていなくて
ちょっと拍子抜けでした。

フォークオイルはまだキレイな赤色でした。

 Sdsc01316

ここで部品のチェックです。

ノーマルは不等ピッチで自由長は395mm
オーリンズは等ピッチで自由長は388mm。

スプリング単体で7mm短くなります。

 Sdsc01322

フォークキャップの首下長の差は
イニシャルアジャスターを
一番テンションの掛からない状態に調整してその差9mmでした。

スプリングで7mm、
イニシャルアジャスターのお皿が回転する構造なので
通常スプリングの上に入れるカラーを抜いても
問題ないと判断し、カラーの厚みが2mmなので計9mm。
ドンピシャです!

そのため、フォークカラー(150mm)のカットは
必要なしと判断しました。

気になっていたイニシャルアジャスターの加工ですが、
フォークに仮合わせてみると
何の問題も無く装着できました。

フォークオイルはオーリンズの#10を使い、
油面はノーマルと同じ104mmに合わせます。

 Sdsc01324

エア抜きをした後、
フォークスプリングとフォークカラーを入れて
イニシャルアジャスターで締め込みます。

組みあがったフォークをちゃちゃっと組み込み。

 Sdsc01325

フロントのサグを測定してみました。

フロント
 0G 793
 1G 760 → 775
 1G' 750 → 770

予想通り1G、1G'ともに小さくなりました。
ノーマルスプリングのピッチが小さいところが
1Gでほとんど潰れきっていたことが見て取れます。

早速試走してみます。

ヘッドライトの光軸が明らかに高くなっています。
これは迷惑この上ないので、
試走のすぐ後に調整しました。

フロントが滑らかに良く動きます。
ブレーキング時もスッと沈み込みます。

路面の継ぎ目など、
大き目のギャップを越えたときの収まりも良いです。

ノーマルで感じた急激に固くなる感じもないようです。

総じてノーマルよりも
乗り心地も良くなったように感じます。

その後、日光ツーリングで
高速道やワインディングも走ってみました。

フロントの車高が上がったにもかかわらず
高速でふらつくような感じはありませんでした。

ワインディングでは
路面凍結の恐れがあったので
ガッツリ走ったわけではないですが、
アンダー傾向は薄れているようです。

いずれにしてもスプリング交換は
オイラ的には良い方向に作用したようです。

今後はプリロードの調整も含めて
いろいろと試してみたいですね。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 『汚れトリンFコート』を試してみました! | トップページ | 続・ノートPC »

NC700X-DCT」カテゴリの記事

コメント

スプリング変更お疲れ様です。Xの個体差が少しあるかも知れませんが、オーリンズのスプリング入れた人は、純正キャップのままでイニシャルがほとんどゼロに近い1mm程度のようですね。  さぶさんの今回のFサスはサグが少なすぎませんか? 一般的にはサグ率(サグ÷全ストローク)は30%と言われているようですね。
サグ率が小さすぎると小さな凸凹でチャタリング(小刻みな跳ね)が起きやすいと本に書いてましたが。。。

投稿: Xdct乗り | 2013年11月14日 (木) 23時25分

>Xdct乗りさん
今のところチャタは発生していません。
ほとんどイニシャルはかかっていないので、キャップ(イニシャルアジャスター)は頑張って押さえつけることなく簡単に締められました。

投稿: さぶ | 2013年11月14日 (木) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『汚れトリンFコート』を試してみました! | トップページ | 続・ノートPC »