« 【NC700X-DCT】ワイドフットペグのインプレ♪ | トップページ | 【NC700X-DCT】ウインカーのLED化 »

2013年9月21日 (土)

【NC700X-DCT】テールランプのLED化

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

冬に向けての省エネ対策の続きです。

車もバイクもそうですが、
ウインカーやテールランプをクリアレンズに替える人が多いですよね。

オイラはウインカーはアンバー(オレンジ)、
テールランプはレッドというのが好きなんです。

といいつつ、スポだけは
クリアのウインカーレンズが付いていますがwww

NCXはアンバー×レッドの組み合わせは変えたくないので、
この組み合わせとなるようにLEDバルブを探します。

ノーマルのテールランプユニットを生かし、
バルブだけLED化しようと思っていました。

でも、電球だと光が拡散するので
レンズ全体がいい感じに光りますが、
LEDだと光の指向性が強いために
点で光っているように見えてしまい
正直なところあまりカッコ良くないんですよね。

省エネだけ考えるとそれでもいいんですが、
テールランプって後続車からはずっと見えているものだし、
どうせならカッコ良くLED化したいものです。

LEDテールランプユニット自体を交換するタイプのものを
ネットで探しみたのですが、
クリアレンズやスモークレンズのものばかり。

「テールランプはレッドレンズ」という拘りは捨てたくないので、
バルブ交換しかないかなと思い始めていたときに、
某オクを見てみると・・・

見つけました!
レッドレンズのLEDテールランプユニット。

画像を見る限りでは
光り方もなかなか良さそうです。

これは行っちゃうしかないでしょ!

競り合うこともなくスッと落札成功。

すぐに届きました。

形状、取り付け方法ともにノーマルと同じです。

 Sdsc00684
 Sdsc00685
 ↑左:ノーマル 右:LED

ナンバー灯用のクリア部分から覗くと
基板もしっかりしているようです。

 Sdsc00686

この手の製品にありがちな
接着剤のはみ出しや無理やり感はなく、
製品のクオリティはまずまずですね。

さて、交換ですが、
バルブ交換だけなら簡単ですが、
テールランプユニットを外すとなると意外に面倒でした。

ウインカー取り付け部がテールランプユニットを
左右からサンドイッチする形になるのですが、
これがパズルのように組み合わさっているんです。
嫌な位置にツメがあるので折らないように細心の注意を払います。

配線はコネクタ化されているので簡単。

 Sdsc00683

構造が判った後の組み戻しは楽でした。

尾灯、制動灯ともに明るさは必要十分です。

 Sdsc00687
 ↑消灯

 Sdsc00688
 ↑尾灯

 Sdsc00689
 ↑制動灯

ナンバープレートも白のLEDで照らされています。

次はウインカーのLED化です。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 【NC700X-DCT】ワイドフットペグのインプレ♪ | トップページ | 【NC700X-DCT】ウインカーのLED化 »

NC700X-DCT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【NC700X-DCT】ワイドフットペグのインプレ♪ | トップページ | 【NC700X-DCT】ウインカーのLED化 »