« 【NC700X-DCT】ウインカーのLED化 | トップページ | 【NC700X-DCT】現在の仕様の総合評価 »

2013年9月23日 (月)

【NC700X-DCT】オイル交換

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

オイル交換のタイミングを逃し、1,640kmも走ってしまいました。
やっと初交換です。

ホンダの指定ではウルトラG1(10W-30)ですが、
今回はニューテックZZ-01(5W-35)を使います。

 Sdsc01120

実はハイエースもこのオイルを使ってます。

ニューテックのオイルの中では
ZZ-03に次ぐ2番目にリーズナブルなものです。

オイルフィルター、ドレンワッシャー(12mm)に加え、
DCT車なのでDCTのエレメントとOリングも
ホンダ純正品を取り寄せました。

 Sdsc01121

①15412-MGS-D21:DCTエレメント @680円
②91302-PA9-003:DCT Oリング @160円
③94109-12000:ドレンワッシャー  @30円
④15010-MCE-H51:オイルフィルターセット @1,590円

さて、交換作業です。

センタースタンドで車体を正立させます。

交換のためにはアンダーカバーを外す必要があります。
左右1本ずつのボルトを外します。

 Sdsc01122
 ↑左側

 Sdsc01124
 ↑右側

あとは計4箇所のピンがゴムブッシュにハマっているだけなので
ピンを折らないように取り外します。

 Sdsc01125

ドレンボルトを外しますが、横向きなので、
オイルが勢いよく横方向に噴出するので注意!
廃油皿でうまく受けないと大変なことになりますwww

 Sdsc01129

ドレンボルトをブレーキクリーナーでキレイに掃除し、
新品のドレンワッシャーで組み込みます。

次はオイルフィルターの交換です。
結構固く締まっていますが、
購入したオイルフィルターセットには
オイルフィルターレンチも付いているので難なく外せました。

 Sdsc01132
 Sdsc01133

次回からはオイルフィルターセットではなく
オイルフィルター単体を用意すればOKですね。

新品のオイルフィルターを装着する際は
口部のOリングにエンジンオイルを塗布するのを忘れないように。

普通ならこれでオイルを入れて終了ですが、
DCT車なので、DCTのエレメントも交換しておきます。

 Sdsc01134

ここにエレメントが入っています。

 Sdsc01124_2

フタを開けて中のエレメントを交換。
フタのOリングは問題なく使えそうですが、
せっかく準備したので交換しておきます。

 Sdsc01135

これで準備完了。

用意したオイルを入れます。

 Sdsc01128

オイル量は全容量が4.1L。
DCT車は通常のクラッチ車よりも少し多めです。
通常交換時で3.2L、
フィルター交換時で3.4Lの指定です。
とりあえず3L入れてみます。

当たり前ですが全然足りませんね。

ここから少しずつ増やしていきます。
結果、3.5L入りました。

DCTエレメントを交換した分だけ多かったようです。

オイル漏れがないことを確認して
アンダーカバーを元通りに取り付けて完成!

今後は3,000kmスパンで交換していく予定です。

走ってみると、
明らかにシフトチェンジがスムーズになっています。
エンジンノイズも静かになりました。

数少ない体感できるオイルだと思います!
(効果には個人差がありますwww)

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 【NC700X-DCT】ウインカーのLED化 | トップページ | 【NC700X-DCT】現在の仕様の総合評価 »

NC700X-DCT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【NC700X-DCT】ウインカーのLED化 | トップページ | 【NC700X-DCT】現在の仕様の総合評価 »