« 【NC700X-DCT】MAXXエアバルブキャップ | トップページ | 【NC700X-DCT】電装品取付準備 »

2013年7月29日 (月)

【NC700X-DCT】秩父ソロツーリング

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
  ↑↑↑読む前にポチッgoodと押してくださいsign01

NC700X-DCTのいろいろなことを理解するため、
ソロツーリングに出かけました。

まだアップしていませんが、
実はETCやナビの装着も完了しています。
(こちらのネタは後日・・・)
これらの動作確認も兼ねています。

 Sdsc04139

最近は毎日のように午後には雨雲が襲ってくるので
早めに出かけて早めに帰ってくる予定です。

行き先はお約束の秩父です。
6:00にガレージを出発します。
まだ前夜の雨の影響で路面は濡れています。

普段ならR299で秩父に向かうのですが、
ETCの動作確認のため、関越道・所沢ICから乗ってみます。

取り付けに問題はないはずですが、
ETC本体が中古ということもあり、
やはり、最初のゲート通過は緊張しますね。

難なく通過www

時間も早いので渋滞も皆無です。
車の流れに乗ってのんびり走ります。

メーター読み100km/hで約3,200rpmくらいですかね。
いたって平和そのものです。

花園ICで降りてR140で秩父湖を目指します。

DCTの癖が少しずつ判ってきました。
一般道でのシフトアップについては秀逸です。
ただ、急激に速度を落としたときの再加速については
期待のギアまで落としきれていないときがあり、
ノッキング気味になることもあります。

このような場合のサポートにも
オプションで取り付けたチェンジペダルキットが役立ちます。
あっ、と思ったときにチェンジペダルを踏み下げて
ギアを落としてやればOKですからね。

このあたりはシフトボタンよりも直感的に判りやすいです。

ワインディングでも同様です。
1段落としてコーナーに入りたいときなど、
ペダルでシフトダウンしたほうがリズムに乗れます。

ヘタクソでしたwww

シフトダウン時に普段の癖で無意識にスロットルを煽ってしまいます。
DCTは繋がりっぱなしなので、
煽ったスロットルに車体が反応にてギクシャクwww

慣れてくると今まで以上にブレーキングに集中できます。
シフトダウンはオマケって感じですね。

そうこうしているうちに秩父湖に到着ww

 Sdsc04140_2
 Sdsc04142_2
 Sdsc04144_2

朝方は雲が広がっていて
ロンT+メッシュジャケットで寒いくらいでしたが、
この頃にはきれいに晴れ上がり、徐々に暑くなってきました。

次は浦山ダムに向かうために秩父市内に引き返します。
これくらいから多くのツーリングライダーにすれ違うようになりました。

浦山ダムまでは結構急な坂が続くのですが、
ここはATよりもMTが適していると判断し、
MTモードで走ってみます。

シフトアップ時に一瞬スロットルを戻してしまうのですが、
DCTの場合はその必要はないですね。
判っているんですが、ついやっちゃいます。

で、浦山ダムです。

 Sdsc04146
 Sdsc04147
 Sdsc04148

秩父市内が見下ろせます。

 Sdsc04152

ダムからの下りもMTモードがいいですね。
ギアをホールドできるので、
エンブレを使って走れるのは安心です。

昼食には少し早い時間だったのですが、
小鹿野名物?の「わらじかつ」を食べてみることにしました。

今まで何度も秩父・小鹿野には来ていますが、
ほとんどが走ってばかりでのんびりと食事をすることがありませんでした。

初のわらじかつということで、
「わらじかつ丼発祥の店」という『安田屋』さんにいってみることにしました。
http://tabelog.com/saitama/A1107/A110701/11003381/

ナビで検索して向かいます。

メインの通りから1本裏の道なので
初めて行くときはかなり判りづらいですね。

 Sdsc04153
 Sdsc04154

11:00開店なのですが、10:30には着いてました。
店の前で開店を待ちます。
この日の最初の客になってしまいましたww

そうしているうちにお客さんが続々と集まってきました。

開店と同時に着席。
メニューは「カツ丼」と「子供用」の2種類のみ。
違いはカツの枚数が2枚か1枚かだけだそうです。

 Sdsc04155

もちろん「かつ丼」をオーダー。
10分ほどで出来上がり。
代金800円をそのときに支払います。

 Sdsc04156
 Sdsc04157

第一印象「思ったより小さいなwww」

そもそもどんぶり自体が小さいです。
2枚乗ったカツも上品にどんぶりに収まっています。

カツは薄いですが脂身の少ない噛み応えのあるカツです。

 Sdsc04158

目玉焼きには絶対ソースという
ソース好きのオイラにとっては
なにか懐かしい、ホッとする味でした。

2杯は余裕、3杯でもいけちゃいそうな感じでしたね。

次は『東大門』の「メガわらじカツ丼」に行ってみようかな?
http://tabelog.com/saitama/A1107/A110701/11019239/

とりあえず昼食も終わったので、
R299経由でとっとと帰りました。

もう一つ、NCXの気になる点として、
燃費性能があります。

今回のルート・走り方ならFLHXなら16km/L程度、
スポなら22km/L程度だと思われます。
しかもハイオクだしww

NCXのこの日の燃費は30.4km/Lでした。

正直もうちょっと行くかなと思っていたのですが・・・
まぁこれでも十分に立派なんですけどね~

最近ガソリンも高いので省燃費は助かります。

NCXについては概ね高評価ですが、
数少ない難点はやはりシートですね。

やや前下がりになっているため、
気付かぬうちにお尻が前のほうへ動いてきます。
で、お尻が痛くなるんですね。

 Sdsc04039

連続2時間が限度ですね。

シート前部のアンコ盛りで対応かな?

もうすぐカブのシートが出来上がりそうなので
NCXのシートについても今後検討していきます。

 Sdsc04137

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
  ↑↑↑ブログランキング参加中note
      ご協力お願いしますsign01

|

« 【NC700X-DCT】MAXXエアバルブキャップ | トップページ | 【NC700X-DCT】電装品取付準備 »

NC700X-DCT」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

食べ物・グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【NC700X-DCT】MAXXエアバルブキャップ | トップページ | 【NC700X-DCT】電装品取付準備 »