« 【FLHX】飛騨一泊二日ツーリング(1) | トップページ | 【FLHX】飛騨一泊二日ツーリング(3) »

2012年10月10日 (水)

【FLHX】飛騨一泊二日ツーリング(2)

(1)からの続きです。

神の湯の駐車場で再会の挨拶。
Dやんとは今年7月の和歌山ツーリング以来です。

支度を整えて神の湯へ。

 Srimg0016
 Srimg0017

オイラは二ヶ月前に来ているので
新鮮さはありませんが、
神の湯の印象は良かったので気分はいいです。

ここも先客が6~7人はいたでしょうか?
湯船の写真は撮りづらかったので、
個人ショットを狙います。

 Srimg0031
 Srimg0026
 Srimg0035
 
湯船の写真は上記リンクからどうぞww

Dやんにはかなり気に入ってもらえたようで
今まで入った温泉の三本の指に入るで!と言ってもらえました。

間接的であれ、自分が紹介した温泉が
褒めてもらえるのは嬉しいですね。

 Srimg0037

温泉上がりに
体調のすぐれなかったコウテツさんが
湯あたりして脱衣場でオチるという
プチアクシデントがありましたが、
慣れたDやんの適切な対処もあって
大事には至らずにすみました。
間近でオチる瞬間をリアルに見たことがなかったので
オイラはかなりビックリしました。

その後、オイラは岩魚の塩焼(500円)を食べました。

 Srimg0042
 Srimg0045
 Srimg0047

Dやんは温泉玉子を食べてましたが、
温泉玉子やのうてゆで玉子やん!って愚痴ってましたww

次は栃尾温泉・荒神の湯ですが、
その前に昼食タイムです。

 Sdsc02198
 Sdsc02187

平湯バスターミナルのレストランで
飛騨ポークカツ丼をチョイス!

 Sdsc02188
 Sdsc02189

味は・・・

ふわとろ感とは程遠い、
濃い目の味付けのカツ丼は
ショッピングセンターのフードコート並み?

あ、言っておきますが、
ショッピングセンターのフードコートで食べる
カツ丼は大好きですよ!

でもそれはフードコートだから許される味で・・・

物足りなかったので、
みたらし団子と温泉玉子2個を追加購入。

 Sdsc02191

一串に五個の団子って
あまり見ない気がするのは気のせいでしょうか?

 Sdsc02192
 Sdsc02194

オイラの記憶では三個か四個が定番な気がします。
まぁどうでもいいですがwww

ここの温泉玉子は半熟のいい感じでした。

お腹も満たされたところで、
栃尾温泉・荒神の湯に向かいます。
10kmほどの距離なので15分ほどで到着。

 Srimg0048
 Srimg0049

二つある湯船のうち、
前回来た時は脱衣場に近い方の湯船でしたが、
今回は脱衣場から遠いほうの湯船でした。

二回来て、二つの湯船を制覇できたので満足ですww

その後、R41で神岡、K471で高山と経由し
時間的にはちょっと早かったのですが、
17:00過ぎに本日の宿である、R158沿いの
「御宿 朴葉荘(ほうばそう)」に入りました。

 Sdsc02200
 Sdsc02201

雨、夜露の心配があるとのことで、
バイクは普段トラックを止めてある
軒先へ入れさせてもらいました。

 Sdsc02232

バイクの先客も二組いましたね。

 Sdsc02233

18:00から夕食。

 Sdsc02204
 Sdsc02205
 Sdsc02211
 Sdsc02217

正直なところ、料理は可もなく不可もなく・・・

体調のすぐれないコウテツさんは
薬を飲んで早々と床に就きます。

Dやんとしばらく話していましたが
元々夜が早いDやんも21:00過ぎに寝落ち・・・

することがなくなったオイラは
ツーリングマップルを見ながら
翌日のルートを考えて早めに寝ることにしました。

宿ではストーブやファンヒーターが稼動していましたが、
この日、乗鞍スカイライン終点の鶴ケ池で初雪が観測されたそうです。
ほぼ例年並みだとか。
そりゃ寒いはずですね。

長くなったので (3)に続きますwww

  ↓↓↓ポチッgoodと押してくださいねsign01

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

|

« 【FLHX】飛騨一泊二日ツーリング(1) | トップページ | 【FLHX】飛騨一泊二日ツーリング(3) »

HD FLHX ストリートグライド」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【FLHX】飛騨一泊二日ツーリング(1) | トップページ | 【FLHX】飛騨一泊二日ツーリング(3) »