« ウルトラのリコール対応 | トップページ | 【HD FLHX】MOTOFIZZ スポルトシートバッグ 取付方法変更 »

2012年9月14日 (金)

日原鍾乳洞ツーリング・・・そして

長文注意ww

9/8(土)の夜に
「明日は天気も良さそうだしスポで走りたいな」
と思いつき、
日曜の早朝から出かけて
渋滞に巻き込まれる前に帰ってこられる
近場ツーリングを計画しました。

行き先は奥多摩の
「日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)」に決定。

8:00から入場できるようなので、
6:30に出発。
いつものように下道をトコトコと走ります。
朝は道が空いているので走りやすいですね~

奥多摩に近づくにつれ、
道路脇に警備員の姿が増えてきました。

どうやらなにかのイベントで
奥多摩周遊道路にはバイクの乗り入れができないようです。

鍾乳洞探索が早めに終わったら
奥多摩周遊道路にでも走りに行こうと思っていたのですが・・・

R411を奥多摩駅から北に入ります。

 Srimg0006

15分ほどで鍾乳洞の駐車場に到着。

一応、バイクを止めるスペースも確保されています。

 Sdsc01910

受付で入場料600円を支払い、
パンフレットを受け取って早速入場します。

 Srimg0011

受付のある建物から
小川を跨ぐ短い橋を渡ると
いよいよ鍾乳洞の入り口です。

 Sdsc01784

入り口に立つと、中から冷気が・・・

鍾乳洞内は一年中10℃辺りの気温が保たれているそうです。
夏は涼しく、冬は暖かいという訳ですね。
洞内には10℃を示す温度計もありました。

 Sdsc01818

関東では最大級の鍾乳洞らしいですが、
想像していたよりは小規模かな?

 Sdsc01787
 Sdsc01831
 Sdsc01832
 Sdsc01845
 Sdsc01853
 Sdsc01857
 Sdsc01859
 Sdsc01874

弘法大師が勉強したとされる、
「弘法大師の学問所」もありました。

 Sdsc01804
 Sdsc01805

途中、かなり狭い箇所や足元の悪い箇所がありました。
洞内に設けられた階段も急角度で滑りやすかったので、
もし訪れる方は履物には気をつけたほうがいいかと思います。
磨り減ったクロックスなんかだとかなりヤバイかも?

 Sdsc01836

 Sdsc01798

時間が早かったせいか、
他にお客さんもいましたがまばらで、
急かされることもなくゆっくりと見ることができました。

通常40分くらいで回れるらしいのですが、
オイラは1時間20分くらい洞内にいましたね。

入場料に見合うくらいは楽しめたと思います。

 Srimg0012

ツーリングの際、
いつもはしっかりプランニングする
超A型人間のオイラですが、
今回は思いついたのが急だったこともあり
ここから全くのノープランです。

とりあえずR411に戻ります。

奥多摩湖方面に行くことはあきらめて、
青梅方面に戻ります。

途中、R411から少し入ったところにある
白丸ダムに立ち寄り「魚道」を見学しました。
(見学料は無料です)

 Sdsc01926

魚道に下りる螺旋階段はなかなか立派でした。

 Sdsc01927
 ↑上から

 Sdsc01928
 ↑下から

正直なところ、「魚道」といっても
ピンと来なかったのですが、
案内板をみて理解しました。
ダムによって川が遮断されるので、
そこを魚が行き来できる道、
「魚のための道=魚道」ということらしいです。

 Sdsc01925

魚道の細かい説明はググるなり、
直接見に行くなりしてくださいwww

 Sdsc01929
 Sdsc01932

なるほど~って感じでしたが、
本当に人間が考えたとおりに
魚が通ってくれるの?という
疑問のほうが大ですね。

 Sdsc01936
 Sdsc01940
 Sdsc01941

時間はまだ10:00過ぎ・・・
このまま真っ直ぐ帰るにはちょっと早すぎる時間です。

更に寄り道をしてみます。

この辺りの地理には詳しくありませんが、
予め自宅まで引いたナビが
リルートを繰り返してくれるので、
どこに入っていっても最後には帰れるかなとww

R411からK193へ右折。
JRの陸橋を下から眺めます。

 Srimg0024
 Srimg0025

その後、K53へ入ります。

K53は走りやすい道ですね。

「有馬ダム」の案内看板を発見。
迷わず左折して有馬ダムへ。

 Srimg0027

ダム湖(名栗湖)の水量はかなり少なく、
上手側はほとんど湖底が見えていました。

 Srimg0031

まぁ通常時の水量がどの程度なのか
知らないんですけどね・・・

ダム湖の奥側の道を通って
そのまま有馬渓谷へ行ってみますが、
道沿いに小さな滝があったくらいで
特にめぼしいものは無し。

 Srimg0029

UターンしてK53へ戻ります。
山伏峠を超えてR299へ抜けようと思っていたのですが、
途中で「正丸峠の山頂からスカイツリーが見える」的な
看板を発見。

本当にスカイツリーが見えるのか
この目で確認したかったので、
正丸峠へ向かいます。

山頂の茶屋にスポを止め、
スカイツリーを探してみますが、
残念ながらオイラの目では確認できず。

 Srimg0033
 Srimg0034
 Srimg0035

そのまま吾野方面へ下り始めました。

1kmほど下ったところで
対向車が来ました。

対向車をかわしたときに
砂利のところに入ってしまいました。

すると、次の瞬間、
もう一台の対向車(新型アウディ)が続いてきました。

あ、これはブレーキを掛けても止まれない!

咄嗟に正面衝突を避けるために
スポを思い切り左に倒します。

ガシャーン!

その瞬間は意外に冷静で、
スポを車にぶつけないこと、
頭を打たないことの二つを必死で実行。

路面に擦れる身体を軸に
スポのテールが車のほうへ流れていくのを
必死でハンドルを引き寄せます。

対向車とは10cm以下の距離でなんとか停止。

すぐに50代くらいの夫婦が車から飛び出してきました。

オイラの第一声は
「車に当たってないですか?」

当たっていないことを確認すると、
次は自分の身体の心配です。

んー右手が動きません。

肩を見ると前方向にポッコリと飛び出しています。
あ、脱臼してる・・・

左手でゴリッとねじ込むとうまくハマりました。
右手も動いたのでとりあえずOK。

ヘルメットを脱ぐと、
ヘルメットは全くの無傷。

頭は打っていませんが、
胸、肩、肘、膝、足首など痛いところだらけ。

路肩に腰を下ろすと頭がクラクラします。

 ・
 ・
 ・
 ・

車を運転していたおじさんと、
もう一人のおじさんに呼び止められました。

「自分、今何したか覚えてる?」

?????

どうやら急に立ち上がって、
坂道を下り方面へ走り出したそうです。

路肩に腰を下ろした所から
呼び止められるまでの記憶が全くありません。

二人に手を引かれてスポの所まで戻ると
そのうちめまいも治まってきました。

3人がかりでスポを起こし路肩に寄せておきます。

車にもガードレールにもぶつかっていないので
警察も救急車も呼ぶつもりはありませんでした。
もしロードサービスより先に来て、
スポをこんな峠道に放置することになるのは
絶対に避けたかったので。

こんなときソロツーは困りますね。

で、ロードサービスを呼ぼうにも携帯が圏外。

ぶつかりそうになったアウディの方に
山頂の茶屋まで連れて行ってもらいます。

茶屋の公衆電話から
ロードサービスに連絡してレッカーを手配しました。

また現場まで送ってもらって、
スポのところでロードサービスを待ちます。

時間があるのでスポの破損状態をチェックします。

 Sdsc01946

スピードも出ていなかったし、
左側に倒したので比較的被害は少ないです。

・ビキニカウル:深めのガリ傷
・クラッチレバー:曲がり大
・クラッチレバーホルダー:深いガリ傷
・左ミラー:傷のみ?
・ガソリンタンク:ミラーが当たって凹み
・スピードメーター:底の蓋が欠け
・サイドメーターマウント:ガリ傷
・シフトペダル:ねじ部折れ
・ダービーカバー:ガリ傷、凹み
・左サイドカバー:小さいガリ傷多数
・左タンデムステップ:ベース部破損
・左ナイトロンショック:上部コレットに大きな削れ
・左ウインカー:深めのガリ傷
・GIVIボックス:再起不能
・デタッチャブルキャリア:大きく変形

 Sdsc01947
 Sdsc01948
 Sdsc01952
 Srimg0037

とりあえずエンジンは掛かりました。
これくらいなら自分で治せるので、
エンルートに運ぶことにします。

ロードサービスは50kmまで無料なので、
ナビでルートを引くと50.1km。
まぁなんとかなるでしょ。

1時間30分ほどでロードサービスが到着。
レッカーにスポを積み込み、
ふじみ野のエンルートまで運んでもらいました。
オイラもレッカーに同乗させてもらいます。

 Sdsc01966

この頃から身体の痛みがどんどん増して来ました。

レッカーのナビはオイラのナビとは違うルートを引き、
50km以内でOKとなり、レッカー代は無料でした。
助かった~

エンルートにスポを預け、
従業員に自宅まで送ってもらいました。

ボロボロの服を着替え、
アドVで病院に向かいます。
脱臼した右肩もなんとかアクセル操作はできます。
パンパンに腫れあがった膝と足首も
ゆっくりつけばなんとか体重を支えられます。

この時が痛みのピークでした。
なんとか自力で歩けますが、
一歩が20cmくらいww

バイク置き場から受付までが途方もなく長く感じました。

もちろん院内に入ってからは車椅子でした。

救急外来で診てもらいましたが、
一度に撮ったX線の枚数としては
オイラの記憶にある限り過去最大でした。

CTも撮ったし。

病院までスクーターで来たと言ったら
先生はあきれてましたね。
まぁ当然かwww

その腫れ方から骨折を疑っていた
足首や膝も骨には異常がないようです。

先生も気になったのか、
特に腫れのひどい足首のCTを撮りましたが、
こちらでも骨の異常は見つからず。
最終的に打撲と診断されました。

右肩は脱臼したため靭帯を痛めているので
しばらくは無理に動かさないようにと。

痛み止めの薬を飲んだので
なんとか夜も寝られました。

月曜、火曜は
とても満員の埼京線に乗れる状態ではなかったので
会社を休みましたが、
水曜からはビビりながらも通勤してます。

ということで、楽しみにしていた
今週末の福島ツーリングも延期ですね~

まぁあと1~2週間もすれば完全復活できるでしょう。

皆さん、ご心配をお掛けしましたが、
オイラは元気です♪

  ↓↓↓ポチッgoodと押してくださいねsign01

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

|

« ウルトラのリコール対応 | トップページ | 【HD FLHX】MOTOFIZZ スポルトシートバッグ 取付方法変更 »

HD XL883N」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

1年半ほど前に肋骨折った事故を思い出しハラハラしながら読んでましたが
『元気です』の書き込みに安心しました。
また元気に走るスポの記事も心待ちにしてます。
お体、お大事になさって下さい(_ _)

投稿: matsu09883N | 2012年9月15日 (土) 15時14分

>matsu09883Nさん
ありがとうございます。
復活までちょっと時間がかかりますが、
必ず復活させますscissors

投稿: さぶ | 2012年9月16日 (日) 00時41分

ありゃ、やっちまいましたか。
サブちゃんやから、そのくらいで済んだのかもしれんね。バイクはお金で直りますら。
まずはお体をお大事に。

投稿: しゅうやん | 2012年9月16日 (日) 17時45分

>しゅうやん
やっちゃいましたsweat01
以前のオイラなら自分からバイクを倒すなんてできなかったかも?
サーキット走行で得た経験が
こんなところでも役立っているような気がします。

投稿: さぶ | 2012年9月16日 (日) 19時07分

鉄人さぶさんこんちはbleah

大変だったんですね
スポも傷だらけみたいですけど、何とかなりそうですね。
体の方はどうかな? 痛みは収まりましたか?

良くなったら紅葉でも見に行きましょうね~

投稿: meijin | 2012年9月18日 (火) 00時02分

>meijinさん
身体もバイクももうちょっとかかりそうです。

紅葉の季節にはバッチリ!の予定ですsweat01

投稿: さぶ | 2012年9月18日 (火) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446299/47075014

この記事へのトラックバック一覧です: 日原鍾乳洞ツーリング・・・そして:

« ウルトラのリコール対応 | トップページ | 【HD FLHX】MOTOFIZZ スポルトシートバッグ 取付方法変更 »