« ケンタッキー食べ放題♪ | トップページ | 黒ゴリさんと寿司デート♪ »

2012年7月 5日 (木)

【HD XL883N】スポに箱を付けよう!(1)

ビッグスクーターに乗っているときには
メットインスペースがあるのが当たり前でしたが、
DUCATIやBMW、そしてハーレーに乗り換えてからは
荷物は常にバッグで背負ってきました。

ところが、FLHXにツアーパックを付けてから
バイクに収納スペースがあることが
こんなに便利だと再確認することができました。

そうなると、FLHXに比べると
一般道での取り回しが圧倒的に楽な
スポにもボックスを付けたくなります。

ちょっと前までは
「ボックスの付いたバイクなんてカッコ悪い」の
一言で片付けていた否定派だったのですが、
この変わり様といったら・・・

これも歳のせいですかね?

現在は脱着可能な自作ラックに
コンテナボックスを積めるようにしていますが
普段はほとんど外しっぱなしです。
http://techgarage-s4.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/hd-xl883n5-1741.html

自作ラックにボックスを固定するのは
ベルトやネットが必要です。
A地点からB地点までモノを運ぶのにはいいんですが、
ちょっと買い物したものを入れるといった
使い方には全く適しません。

また、現状では鍵もできないので
防犯上も良いとはいえません。

そうなるとやはり
GIVI等のバイク用のボックスを付けるのが
一般的なんでしょうね。

現在の自作ラックに
GIVIボックスをマウントする方法を
いろいろ考えていたのですが、
やはり28mm径のパイプを組み合わせると
不可能ではないのですが、
視覚的にリア周りが重い印象なることは否めません。

スマートにマウントする方法として、
HD純正のデタッチャブル・ドッキングハードウェアを装着し、
ツアーパックラックにGIVIのマウントを装着するのが
ベストではないかとの結論に達しました。

これならGIVIのボックスだけ外すこともできるし、
台座となるツアーパックラックごと外すこともできます。

 1391_1
 ↑53544-04:デタッチャブル・ドッキングハードウェアキット

 121_1
 ↑53655-04:デタッチャブル・ソロ・ツアーパックラック

あとはボックス選びですね。

容量、使い勝手などから検討すると、
第一候補はGIVIのE370です。

 E370
 ↑GIVI E370

コレくらいのサイズなら
使い勝手は良さそうだし、
邪魔にもならないように思います。

しかも新たに
目立つリフレクター部分がレッド→スモークに、
開閉ボタンなどがレッド→シルバーになっている
「TECH」というシリーズ?がラインナップされています。
もちろん、本体は無塗装。

 E370_tech

モノクロ写真っぽく見えますが、
実際にこんな感じです。

元のモデルとはぜんぜんイメージが違いますよね。

オイラのスポのイメージからすると
絶対にTECHですね!

この組み合わせでいってみようと思います!

  ↓↓↓ポチッgoodと押してくださいねsign01

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

|

« ケンタッキー食べ放題♪ | トップページ | 黒ゴリさんと寿司デート♪ »

HD XL883N」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446299/46209834

この記事へのトラックバック一覧です: 【HD XL883N】スポに箱を付けよう!(1):

« ケンタッキー食べ放題♪ | トップページ | 黒ゴリさんと寿司デート♪ »