« 【アドレスV125】GIVIトップボックス装着計画 | トップページ | ミラクルボディー »

2012年7月21日 (土)

【HD XL883N】リアショックのロング化の準備

バンク角が浅く、すぐに擦ってしまうスポ。
リアショックを
ナイトロン12.5インチ(317mm)にしてからは
随分マシになりました。
バンクさせない走らせ方に
慣れてきたのかもしれませんが・・・
そのため、予期せぬところで急に擦ると
ビックリしたりww

先日、FLHXのリアショックの相談で
春日部のナイトロンに行ったときに、
こちらについても相談しました。

TWIN Shockのオプションパーツとして
ナイトロンからロングタイプのエンドアイが
発売されています。
10mmと20mmの2種類があるらしいのですが、
スポ用には20mmしか適合しないらしいです。

どうせケツ上げするのなら20mm!
ということで注文しました。

さて、エンドアイだけ替えれば済むかというと
そうではありません。

厳密にはフロントのキャスター、トレールが変わるなど
いろいろとありますが、
とりあえず気になるのは次の二点。

1.ドライブベルトは大丈夫?

 「車高が上がる=ドライブベルトが弛む」です。
 これもディーラーに問い合わせたところ、
 ドライブベルトの部品番号は883Nと883Rで共通でした。
 ベルトの張り調整のみで対応できるようです。

2.サイドスタンドの長さが足りない?

 現状の317mmから20mmロングということで、
 ショック長は337mm。
 883Rのショック長とほぼ同じです。
 ディーラーに問い合わせたところ、
 新品の883R用サイドスタンドは3万円!
 とても買えません・・・
 mixiのコミュで呼びかけたところ、
 現在付いているショートスタンドと
 883Rのスタンドをトレードしますか?と
 声を掛けてくれた方がいました。
 連絡をとらせてもらい相談の結果、
 トレードしてもらえることになりました。
 これで一安心です。

ちなみに・・・
ディーラーで聞いた話だと、
オイラと同様に
883N等のショートショックが付いたモデルのショックを
883R等のロングショックに替える方もいるようです。
その場合でもサイドスタンドまで変える人は
ほとんどいないそうです。
やはりスタンドが高価だからなんですかね?

車体の傾斜角が大きくなるので、
駐車場所の幅が必要になるのと、
車体を起こすときに重いことが難点だそうで、
構造上の問題はないとのことでした。

逆にロングショックモデルを
ショートショックにした場合は
サイドスタンドもショート化しないと
右側に倒れる危険性が大きいので
サイドスタンドの交換は必須のようです。

ロング化よりはショート化する人のほうが
圧倒的に多いと思われるので、
ショートスタンドは社外品も豊富ですよね。

とりあえず、
サイドスタンドのトレードが先決です。

サイドスタンドの取り外しは
ちゃんとジャッキで支えて安全が確保できれば
超カンタンです。

トレードしたスタンドが届くまで
ジャッキアップしたまま待ちます♪

 Sxl883_01


  ↓↓↓ポチッgoodと押してくださいねsign01

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

|

« 【アドレスV125】GIVIトップボックス装着計画 | トップページ | ミラクルボディー »

HD XL883N」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446299/46411587

この記事へのトラックバック一覧です: 【HD XL883N】リアショックのロング化の準備:

« 【アドレスV125】GIVIトップボックス装着計画 | トップページ | ミラクルボディー »