« 【HD XL883N】ユーザー車検対応(検査1回目) | トップページ | 【HD XL883N】ユーザー車検対応(検査3回目) »

2012年3月27日 (火)

【HD XL883N】ユーザー車検対応(検査2回目)

すぐに隣のテスター屋に戻ります。

ラインで左下だと言われたと伝えると
すぐに微調整してくれました。
もちろん、追加料金は不要でした。

その後、新座のエンルートに戻って追整備です。
同日内であれば3回まで検査を受けられるので、
しっかり対策したいと思います。

(1)反射鏡
 ・とりあえず、伊豆さんのVFR1200から借用します。
  ナンバープレートの下に
  ステーを使って取り付けしました。

(2)シフトパターン表示
 ・財布から取り出して貼り付けますww

(3)全高超過
 ・オイラの車両は4インチライザーを付けているので
  ノーマルの1-1/2インチに比べると6cm位
  高くなっているんですよね。
  あいにく、ノーマルライザーは自宅においてあり、
  時間的に取りに帰るのは厳しい状況です。
  となると今できることを頑張るのみです。
  まず、ハンドルバーを目一杯手前に倒してみます。
  レバーなんかとんでもない方向に向いていますww
  これで測ると約114cm。

  規定範囲まであと2cm・・・
  フォークの突き出しで調整することにしました。
  2cm強突き出すことで、なんとか112cmになりました。

ハンドルバーがありえないところまで来ているので、
超乗りにくいです。
しかもタンクに干渉するので、
ハンドルの切れ角が異常に少ないです。

まぁ車検さえ通ってしまえばOK。
(この考え方自体がNGですが・・・)

車検場まで戻って、
2回目の検査レーンに並びます。
ラインに入る前に再びチェックを受けます。

反射鏡OK、シフトパターンOK、
全高は・・・「3ミリ高いね」

そこで3mmを言う?
マジメか!

リザーバータンクを無理やり押さえつけました。
タンクホースなんてつぶれちゃってますが
背に腹は代えられません。
これでなんとかパスしました。

次はラインに入ってライトの検査です。
再調整の甲斐あって、こちらも無事クリア。

あとは排ガスだけです。
プローブを突っ込みます。

「検査中」点灯のあとでた表示は・・・

 CO:×
 HC:×

こんどはCO(一酸化炭素)も引っかかりました。
前より酷いじゃん・・・

参考までに計測値を見せてもらいました。

規定値
CO(一酸化炭素):3.0%以下
HC(炭化水素) :1,000PPM以下
に対し、
CO(一酸化炭素):5.7%
HC(炭化水素) :1,857PPM

規定値の倍近い値です。

触媒がうまく働いていないのが原因?

いずれにしても次がラストチャンスです。
対策を考えます。

☆★☆ 注意 ☆★☆

LEDヘッドライトについてですが、
公式には「車検非対応」です。
オイラの場合は、
運よく車検をパスすることができましたが、
車検通過を保障しているわけではないので
ご注意ください。

  ↓↓↓ポチッgoodと押してくださいねsign01

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

|

« 【HD XL883N】ユーザー車検対応(検査1回目) | トップページ | 【HD XL883N】ユーザー車検対応(検査3回目) »

HD XL883N」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446299/44657213

この記事へのトラックバック一覧です: 【HD XL883N】ユーザー車検対応(検査2回目):

« 【HD XL883N】ユーザー車検対応(検査1回目) | トップページ | 【HD XL883N】ユーザー車検対応(検査3回目) »