« SIMPSONヘルメット アウトロー(3) | トップページ | 『天狗のピリカレー』 »

2011年10月23日 (日)

Bluetooth通信機「インターフォンF4」移設

BMW F800Sでの街乗り、ツーリング用に
ショーエイZ6ヘルメットに
Bluetooth通信機「インターフォンF4」を取り付け
使用していました。

車両側ですが、
カーナビ「ゴリラ」にはBluetooth機能がないので、
外付けのBluetoothアダプタを
3.5mmステレオプラグ経由で接続しています。

Bluetoothアダプタは充電式なのですが、
バッテリーが持たないことがありました。
充電しながらの使用については
メーカー側は推奨していませんが、
試してみたところ、とりあえず問題なさそうです。
こちらもUSBハブから電源をとることで解決!
(もちろん、自己責任です)

今後、メイン車両が HD XL883Nになるため、
Z6の「インターフォンF4」をSIMPSONに移設します。

本体の取付はクリップ式のものが使えないので
両面テープ貼付式のマウントを使います。
本当はもう少し後ろに付けたかったのですが、
ヘルメットの曲率とマウントの曲率が合わないので、
ちょうどヘルメットシールドの
ピボット部の真下あたりに取り付けました。

 11

問題はスピーカーとマイクの設置です。
Z6は内装がほとんど外せるため、
スピーカー等の設置は簡単ですが、
SIMPSONはチークパッドしか外せないので、
配線を引っかからないように逃がすのが
なかなか大変です。
耳の逃げが大きいので、
スピーカーは余裕を持って入りますが、
耳との間に距離が出来てしまうので、
走行時に音声が聞き取れるかどうかが
若干の不安点です。

まぁ聞き取りにくければ
スピーカーにゲタを履かせて
嵩上げすればいいだけのはなしなんですけどね。

なんとか移設完了。

ヘルメットの脱着時に
引っかかることもありません。

音楽を流してみると、
Z6で使っていたときよりも低音が弱く、
シャカシャカした高音が強いです。
スピーカーと耳の位置関係のせいなのか、
内装やその他の要因なのかはわかりませんが、
とりあえず聴くことはできます。

音質の改善については
今後の課題にしたいと思います。

音楽再生はゴリラのAV機能を使っているので
ナビの案内音声はちゃんと割り込みします。
まぁ当たり前ですね。

あと、接続しているスマホについても
受話は可能です。
こちらから発信することは
現状では出来ないようです。
オイラの使い方がマズイだけかもしれませんが・・・

ともかくこれでバイクと人間が
ワイヤレスになりました♪

 10_2

便利度:80%
満足度:85%

 

  ↓↓↓ポチッgoodと押してくださいねsign01

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

|

« SIMPSONヘルメット アウトロー(3) | トップページ | 『天狗のピリカレー』 »

Goods」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446299/42650837

この記事へのトラックバック一覧です: Bluetooth通信機「インターフォンF4」移設:

« SIMPSONヘルメット アウトロー(3) | トップページ | 『天狗のピリカレー』 »