« 『くじらい生乳100%ヨーグルト』 | トップページ | スパーダ修正 »

2011年3月 4日 (金)

筑波サーキット 1回目

筑波サーキットデビューしました。

まずは勉強ということで、
しょちょーのオススメもあり、
ファミリー走行ビギナークラスを予約しました。

これはスクール形式となっており、
インストラクターから走り方を学ぶもので、
概ね以下のようなスケジュールとなっています。

・走行前ミーティング(30分)
・インストラクター先導付き走行(25分)
・A/Bグループ フリー走行1回目(20分)
・C/Dグループ フリー走行1回目(20分)
・A/Bグループ フリー走行2回目(20分)
・C/Dグループ フリー走行2回目(20分)
・走行終了後ミーティング

で、3/3(木)。

6:30にツクバ着。
ビギナークラス用にピットが割り振られていたので、
余裕を持ってピットに入れました。
陽は射しているのですが、
風が強くてメチャメチャ寒いです。

 001_001

しょちょーがサポートに来てくれました。

走行前ミーティングでクラス分けの発表。
オイラはBクラスで、
インストラクターは豊田選手でした。

先導付き走行では
インストラクターを先頭に
全車が数珠つなぎで走ります。

インストラクターの直後に付いて
走行ラインやブレーキングポイントなどを学びます。
バックストレートから始め、
インストラクターの真後ろで1周走ったら
次のバックストレートで最後尾に下がります。

判りやすいように
上体を伏せたり、起こしたり、
コーナー手前で身体をオフセットしたり、
ブレーキのかけ始めからリリースまで、
大げさな動作で示してくれるので判りやすかったです。
とはいえ、すぐに真似できるものではありませんが・・・

オイラのスパーダは
バイアスタイヤ(ダンロップTT900GP)を履いているのですが、
路面温度が低かったこともあり、
リアのグリップ感が全くなく、ズリズリでした。

しょちょーからもエアを抜いたほうが良いと
アドバイスしてもらったので、
フリー走行の前にリアタイヤのエアを抜きました。
エアゲージがなかったので、感覚ですがww

シングルシートですが、
取り付け位置が低すぎました。
ツナギにブーツだと足が窮屈すぎて
ステップにうまく乗れません。

動きやすい普段着でポジションを合わせたのが
失敗の原因ですね。

そして1回目のフリー走行です。
ちなみにオイラ以外は全てビッグバイクでした。
とにかくストレートが圧倒的に遅いので大変です。
今回はGPSロガーを積んでいたのですが、
後で確認してみたら
最高速はバックストレートで133.5km/hでした。
ギア比はもっとロングにしたいと思います。

ブレーキのフィーリングは悪くなかったです。
ただ、ポジションのせいで
シフトチェンジがうまくいかないので、
自分で笑っちゃうほどギクシャクしてます。

走行後に豊田選手からは
一番楽しそうに走っていたと言われましたww

あと、パワーが無いバイクなので
失速させないように注意すること。
早めにバンクを開始して
コーナーを大きく回るようにすればいいと言われました。

インストラクターのバイクには
ビデオカメラが装備されていて、
生徒?の走っている様子を撮影し、
走行終了後のミーティングで
このビデオを見ながら反省会をすると聞いていたのですが、
反省会でビデオ上映はありませんでした。
ちょっと残念。

もちろん、ラップタイムなんてまだまだですが、
とりあえず、コケずに走れたので良かったです。

スパーダも10ヶ月ぶりの実走でしたが、
トラブルも無く走ってくれました。

まだまだビビリまくりの手探り状態ですが、
のんびりと頑張ろうと思います。

 001_003

今回のGPSロガー情報
 ・ベストラップ: 1'24.697
 ・最高速:133.5km/h

次回走行までの検討課題
 ・シート高の見直し
 ・上記に伴うシフトペダル位置の見直し
 ・ギア比の見直し

 

  ↓↓↓ポチッと押してくださいね

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

|

« 『くじらい生乳100%ヨーグルト』 | トップページ | スパーダ修正 »

VT250スパーダ」カテゴリの記事

サーキット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筑波サーキット 1回目:

« 『くじらい生乳100%ヨーグルト』 | トップページ | スパーダ修正 »