« 44スカブ 17インチ走行インプレ | トップページ | S4オリジナルセパハンセット »

2008年10月 9日 (木)

44スカブ 15インチ走行インプレ

15インチの走行インプレッションです。
  17インチのインプレはこちら

Rimg0011

ちょうど、先週末は伊豆・修善寺に行く用があったので、
15インチに換装して走行テストをしてきました。

ホイールは『RAYS TE37』『15×7.5J』
15インチ鍛造ホイールは、
17インチ鋳造ホイールに比べればかなり軽いです。
(純正に比べれは比較するのがバカらしいくらい重いですが・・

タイヤは『TOYO プロクセスT1R』『195/45R15』です。

Rimg0009

17インチホイールとは
ホイールの幅もオフセットも違うのですが、
スペーサの組み換えで対応できるようにしてあります。
ちなみに17インチはオフセット+32、
15インチはオフセット+25なのですが、
どちらのホイールでも
タイヤセンターはバッチリ出ています<当たり前ですが。。

ホイール交換作業ですが、
44型は、43型と違い、スイングアームを持つ構造なので
マフラーとスイングアームを外す工程が増えますが
組み替え自体はとても簡単です。
一人で作業しても30分もかかりませんよ。

17インチに比べると見た目から全然違います。
タイヤに厚みがあるために安心感がありますね

最初に感覚を掴むために
三郷、松戸、流山周辺の一般道を走ってみました。

タイヤ内のエア量が増えたこと、
扁平率が35→45となり、
サイドウォールの変形量が増えたことから
17インチに比較して乗り心地はソフトになりました

もちろん、トレッドの幅がそれなりにあるので
倒し込みにくかったり、
路面にハンドルを取られたりしますが、
17インチに比べればカワイイものです。

13インチのネオバを普通に乗れる人であれば
あまり違和感はないと思います。

とくに問題はなさそうだったので、
八潮南から首都高にのり、東名高速沼津まで、
その後一般道修善寺まで行きました。

全ルートにおいて何も問題はありませんでした。
最高速は若干落ちましたが、
普通に追越車線をキープして走ることができます

同行したはっちゃんに一般道で試乗してもらい、
後方から走りをチェックしてみたのですが、
変な挙動もなく、安心して見ていられました

Rimg0001 Rimg0006

帰りは伊豆スカイラインターンパイク小田原厚木道路
厚木から東名高速首都高というルートです。

伊豆スカイライン、ターンパイクでは
先行する車がいたため、その車に合わせてのペースでした。

ノーマル車に比べればバンク角が減っているため
大きく倒しこむと着地ローラーが接地してしまうのですが、
通常のローダウン車と同程度に走ることには
全く問題ありませんでした

しかも途中からが降り始め、
東名高速に乗ったときには大雨でしたが、
雨でも操縦性に変わりは無く、
追越車線キープで走ることができました

リヤタイヤが車体から少し出ているので
跳ね上げが多いのが欠点といえば欠点ですね

参考までに、総走行距離384km
平均燃費28.6km/Lでした。(メーターにて確認)

これなら充分普段乗りに対応できそうですよ

 

 

  ↓↓↓ ポチッと押してくださいね!

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ

|

« 44スカブ 17インチ走行インプレ | トップページ | S4オリジナルセパハンセット »

スカブ」カテゴリの記事

TechGarage-S4」カテゴリの記事

コメント

追い越し車線キープは違反じゃないの?

投稿: ちか | 2008年10月 9日 (木) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 44スカブ 15インチ走行インプレ:

« 44スカブ 17インチ走行インプレ | トップページ | S4オリジナルセパハンセット »